能登半島地震をテーマとしたフォーラムの開催(石川県)(2017.3.13)

 日本損害保険協会(会長:北沢 利文)では、3月19日(日)に石川県で能登半島地震から10年をテーマとした市民フォーラムを開催いたします。2017年3月25日に発生から10年となる能登半島地震を改めて振り返り、災害に強い地域づくりやこれから起こりうる地震への備えについて、市民や地域の防災リーダーが考え、実践していく内容となっております。多くのみなさまのご来場をお待ちしております。

開催概要

市民フォーラムの概要 事前申込制(先着100名)

○日 時
 
2017年3月19日(日) 14:00〜16:00(予定)
○会 場
 
KKRホテル金沢〔3階 鳳凰A〕
○内 容
 

第一部 講演「発生から10年、いま振り返る能登半島地震」

講師:木村 拓郎 氏(一般社団法人 減災・復興支援機構 理事長)

テーマ:・能登半島地震発生当時の状況、被害の概要
・これからの備え、復興のための課題

第二部 講演「災害ボランティアの視点から見た震災〜今日から 始める明日への備え〜」

講師:浦野 愛 氏(特定非営利活動法人 レスキューストックヤード 常務理事)

テーマ:・平時から地域で市民や防災リーダーが取り組む減災対策とは
・災害発生時に取るべき行動とは

第三部 質疑・ディスカッション

(事前のご質問に上記講師2名が回答)

※内容は一部変更となる場合があります。

※MROテレビ(北陸放送)にて、日本損害保険協会の取り組みが放送されます。

・3月20日(月)〜22日(水)22:54〜

・3月24日(金)16:53〜19:00(能登半島地震から10年 報道特別番組)

申込方法

・市民フォーラムへのご参加をご希望の方は、お名前・ご所属・電話番号・講師への質問を記載のうえ、日本損害保険協会北陸支部までメール(hokuriku@sonpo.or.jp)またはファクス(076-221-0482)でご連絡ください。

市民フォーラム〜能登半島地震から10年、私たちがこれから備え、行動すべきこと〜 チラシ(PDFファイル:1.55MB)