創立100周年を記念して神田祭に参加
(2017.5.19)

 日本損害保険協会(会長:北沢 利文)では、来る5月29日(月)の創立100周年を記念し、江戸三大祭の1つである神田祭に参加しました。

 損保協会では、大きな賑わいを見せる5月14日(日)の「神輿宮入」に際し、損保会館前で揃いの法被を身にまとった役職員41名が地域の人々に飲み物をふるまったほか、損保協会創立100周年キャッチコピー「もっと安心、もっと安全」を記載したオリジナル団扇500枚を配布しました。

 神輿宮入の際は、職員有志が地元の神田淡路町二丁目の神輿をかつぎ、地域と一体となって神田祭を盛り上げました。


 また、神田明神の協力により損保会館前に神田祭の曳き物で有名な「大鯰と要石」(注)を展示し、多くの人々の注目を浴びていました。

(注)江戸の庶民の間では、地震は地中の大鯰(おおなまず)が暴れて引き起こすものと信じられていました。 地震が起きないようにと、地震の象徴である「大鯰」の頭を押さえつけ、地震を防ぐ「要石」が乗せられています。

写真1オリジナル団扇を持った若手職員

写真2インパクト大な「大鯰と要石」

写真3地域の人々に飲料を配布

揃いの法被を着た参加者揃いの法被を着た参加者