IAISのICP・コムフレーム市中協議へ意見を提出
〜ガバナンス、監督措置などの国際保険監督基準案に対する意見を表明〜
(2017.6.2)

 日本損害保険協会(会長:北沢 利文)は、保険監督者国際機構(IAIS)の「保険基本原則(ICP)」および「国際的に活動する保険グループの監督のための共通の枠組み(コムフレーム)」の市中協議への意見書を6月1日(木)に提出しました。

 「ICP」は、保険分野の健全な発展を促し、保険契約者を適切に保護するために必要となる保険監督上の基本的な原則を定めた監督文書です。IAISメンバー国・地域は、ICPに則った監督制度を実施することを推奨されています。また、世界銀行・IMFの金融セクター評価プログラム(FSAP)では、このICPを基準として、評価対象国の保険監督制度が国際水準を満たしているかを評価しています。

 一方「コムフレーム」は、国際的に活動する保険グループ(IAIGs)に対しICPに加えて適用されるグループワイドの監督要件で、IAISでは2010年7月以降策定を進めています。ガバナンスやリスク管理等の定性要件、定量要件(資本要件)および監督者に対する要件(監督者間協力、破綻処理等)などが含まれています。さらにIAISでは、コムフレームにおける資本要件部分を国際保険資本基準(ICS)として策定を進めています。

 IAISでは、2011年に全面改定した現行のICPを包括的に見直すこととし、順次改定を進めてきました。2017年1月には、コムフレームをICPに統合する方針が示されました。現在、2019年の採択を目指し、ICPとコムフレームの改定作業が、テーマ別に順次進められています。

 ICPは全26の項目で構成され、今回は以下のICPおよび関連するコムフレームが2017年3月3日から6月1日まで市中協議に付されました。

(1)イントロダクション・評価方法
ICPの構造、プロポーショナリティの適用、リスクベース監督等
(2)ICP5、7、8(ガバナンス)※関連するコムフレームのみ
取締役等の個人の適格性、コーポレートガバナンス、リスク管理・内部統制
(3)ICP9〜11(監督者・監督措置)※従来の11は10に統合
監督レビュー・報告、予防・是正措置(再建計画等)・制裁
(4)ICP3、25(監督協力・協調)※従来の26は25と12に統合
監督者間の情報交換・秘密保持、監督協力・協調

(5)ICP12(市場からの撤退・破綻処理)

 当協会はIAISでの国際保険監督基準策定の議論に積極的に参加しています。今回の市中協議に対し、当協会からは、特定のガバナンス構造を念頭に置いた内容や監督者にその権限を超える対応を求める内容、過剰で柔軟性を欠く内容などの修正を求める意見を表明しています。詳細は下記リンク先をご参照ください。

IAISのICP・コムフレーム市中協議への損保協会意見(和英)