平成30年2月4日からの大雪にかかる支払保険金(見込含む)等の調査について
〜3月30日(金)現在、19,442件、約132.1億円〜
(2018.6.1)

 この度の平成30年2月4日からの大雪により、お亡くなりになられた方々に謹んで哀悼の意を表しますとともに、被災された方々に心からお見舞い申し上げます。

 一般社団法人 日本損害保険協会(会長:原 典之)では、2018年3月30日(金)現在の平成30年2月4日からの大雪にかかる支払件数、金額(見込含む)等について別添のとおり取りまとめましたので、お知らせいたします。

 損害保険業界では、引き続き皆様からのお問い合わせ、ご相談等に親身にお応えするとともに、保険金の迅速なお支払いに全力で努めてまいります。

平成30年2月4日からの大雪にかかる支払保険金(見込含む)集計

【2018年3月30日(金)現在:協会会員会社、外国損保協会会員会社等合計】
車両保険
(商品車含む)
火災保険 新種保険
(傷害保険含む)
合計
台数
(台)
支払
保険金
(千円)
証券
件数
(件)
支払
保険金
(千円)
証券
件数
支払
保険金
(千円)
台数

件数
支払
保険金
(千円)
新潟県 297 58,627 3,148 2,307,234 39 15,747 3,484 2,381,608
富山県 245 61,457 1,089 639,123 10 3,057 1,344 703,637
石川県 630 116,589 5,860 5,137,950 65 20,736 6,555 5,275,275
福井県 800 146,493 7,220 4,664,567 39 36,853 8,059 4,847,913
合 計 1,972 383,166 17,317 12,748,874 153 76,393 19,442 13,208,433

※上記は2018年3月30日時点の集計になります。

※自動車保険の支払保険金には商品車の損害に対する支払保険金を含みます。