ISJ(日本国際保険学校)一般コースを開講
〜東アジア14地域の保険実務家が日本の制度・実務等を学び、論議〜
(2019.10.23)

 日本損害保険協会(会長:金杉 恭三)は、公益財団法人損害保険事業総合研究所(損保総研)と共催で、2019年度(第46回)ISJ(日本国際保険学校、Insurance School (Non-Life) of Japan)一般コースを開講しました。本コースは10月21日(月)から11月1日(金)までの2週間、「日本の損害保険とリスク・マネジメント」をメインテーマに開講され、東アジア14地域の損害保険会社、保険監督官庁等の職員が講義やワークショップに参加します。

 本コースは参加者に、損害保険やリスク・マネジメント実務の背景にある考え方を具体的事例に基づき学び、経営に近い観点から、課題解決の考察力を強化してもらうプログラム編成としています。保険監督、損害保険会社の事業環境、商品、料率、販売、損害調査、リスク・マネジメント等について、日本の損害保険業界、損害保険会社が自由化を経て、社会の変化、消費者のニーズに対応すべく築いてきた制度や実務、取組みを紹介します。また、参加者は、各講義・ワークショップで学んだ知識・考え方を踏まえ、最終日に各国・地域の損害保険市場が取り組むべき課題について総括討議・発表を行います。

 講師は、第一線で活躍している当協会会員会社等の社員のほか、保険監督官庁、損保総研、当協会等の役職員が務めます。金融庁監督局保険課からは日本の保険監督について、財務省大臣官房信用機構課からは家計分野の地震保険のテーマでご講義いただきます。

 10月21日(月)の開講式では、損保協会の岩崎 賢二 専務理事が主催者を代表して歓迎挨拶を行い、参加者に対して「私たちを取り巻く社会・経済環境は、急速に変化している。こうした情勢の中で、森羅万象を扱う損害保険には、変化に対応していくことが求められており、われわれ保険の専門家には、保険の基本を押さえつつ、『広い関心・探求心』を持つことが求められている。皆さんが、しばらくの間、日々の業務を離れて様々なトピックについて深く考え、新たな視点を得るとともに、より良い解決策を見つけられることを強く希望する。」と、本コースへの積極的な参加を呼びかけました。

開講式で挨拶を行う岩崎専務理事開講式で挨拶を行う岩崎専務理事