子どもを犯罪・事故から守る手引

子どもを犯罪・事故から守る手引

日常生活の中で子どもたちが犯罪や事故の被害者となってしまうケースは年々増え、お子さんをお持ちの方は心配もつきないことと思います。大人が子どもを守るのは当然ですが、子ども自身も犯罪や事故から身を守る意識を身につけてほしいとの願いからこの冊子を作成しました。
一緒に考えることにより防犯への意識を高めていくことを目的としています。

体裁 A4判・40ページ

※一部の冊子に掲載しております相談窓口の表記に変更があります。詳しくはこちらをご覧ください。

相談・苦情・紛争受付体制の一元化に伴う表記の変更のお知らせ ※別窓で開きます

地域安全安心マップづくりのツール

道や公園での危険を考えてみよう(事前学習にご使用いただけます)
ダウンロード(PDFファイル)
まちあるきワークシート
ダウンロード(PDFファイル)
インタビューシート
ダウンロード(PDFファイル)
マップ用便利シール
※市販のシール用紙にプリントし、カッターナイフ等で切れ目を入れれば、シールとしてご使用いただけます。
ダウンロード(PDFファイル)

子ども110番の家シールラリーのツール

シールラリー用台紙
※プリントしたものを厚紙に貼りヒモをつけると、首からさげることができて便利です。
ダウンロード(PDFファイル)
動物シール
※市販のシール用紙にプリントし、カッターナイフ等で切れ目を入れれば、シールとしてご使用いただけます。
ダウンロード(PDFファイル)

ご参考

日本損害保険協会では子ども向けの実践的な防災・防犯教育プログラムである「ぼうさい探検隊」の普及に取り組んでいます。「ぼうさい探検隊」とは、子どもたちが楽しみながらまちにある防災や防犯の施設や設備を発見してマップにまとめる取組みで子どもたちの安全意識の向上と地域コミュニティの強化を目的としています。
「ぼうさい探検隊」ではマップコンクールを行い、優秀なマップについては表彰しています。
防犯のマップについても本冊子を参考に実施していただき、どしどしご応募ください。

新設:2012.4.1 更新:2017.9.22 (業務企画部 啓発・教育グループ)