募集人・資格情報システムの運用を開始します!
〜損害保険募集人がご自身の資格情報等を確認できる画期的な仕組みを構築しました〜
【No.11-022】
(2011.7.4)

 社団法人 日本損害保険協会(会長 隅 修三)(以下「損保協会」といいます)では、本年9月から、「募集人・資格情報システム(以下「本システム」といいます)」の運用を開始します。

 本システムでは、保険募集に携わる約215万人(2010年3月末時点)の損害保険募集人(以下「募集人」といいます)がご自身の資格情報やその資格の有効期限等を確認し、自ら各種試験の受験管理ができるようになります。

 また、業界全体で募集人の資格情報等の一元的な管理が可能となることから、保険会社における代理店登録・募集人届出事務や募集人の資格管理事務等の効率化を図ることができる画期的なシステムとなっています。

本システムのポイント

●募集人が各種試験に合格したり、代理店登録・募集人届出の手続きが完了すると、その情報が自動的に本システムに連携され、データベースに登載されます。(下記、【募集人・資格情報システムのイメージ】参照)

●代理店・募集人が本システムを利用するには、募集人1人に1つ付与される「募集人ID」が必要となります。
 なお、「募集人ID」は本システム利用時以外、各種試験の受験申込、代理店登録・募集人届出においても必要な情報となります。



2011年7月7日
   〜8月31日
保険会社から既存募集人へ「募集人ID」の案内が開始されます。
なお、保険会社によって案内開始時期は若干異なります。
募集人は、この日以降、登載情報の内容が確認できます。
2011年9月5日〜各種試験の受験申込には、「募集人ID」が必須となります。
2011年9月6日〜代理店登録・募集人届出には、「募集人ID」が必須となります。


募集人・資格情報システムの詳細についてはこちらをご覧下さい(PDFファイル 2.18MB)

稼働日

年末年始を除く月曜日〜土曜日(祝日を含みます)

稼働時間

8時〜20時

利用対象者

●募集人(これから保険募集に携わる予定の方を含みます)
●損害保険代理店試験の受験申込をする方
●損害保険代理店の管理者(代理店の店主、代表者、保険部門の責任者)  など

システム参加保険会社(37社 )

会員会社(22社)

・あいおいニッセイ同和
・朝日火災
・アニコム損保
・エイチ・エス損保
・SBI損保
・au損保
・共栄火災
・ジェイアイ
・セコム損害保険
・セゾン自動車火災
・ソニー損保
・損保ジャパン
・そんぽ24
・大同火災
・東京海上日動
・日新火災
・日本興亜損保
・日立キャピタル損保
・富士火災
・三井住友海上
・三井ダイレクト
・明治安田損保

 

非会員会社(15社)

・アクサ
・アリアンツ
・エース
・ゼネラリ
・アトラディウス
・アメリカンホーム
・AIU
・カーディフ
・コファス
・ロイズ
・ニューインディア
・チューリッヒ
・現代海上
・フェデラル
・ユーラーヘルメス