2013年度地震保険広報活動について
〜地震保険が「みんなで支える安心」の仕組みであることを呼びかけ〜
【No.13-005】
(2013.8.23)

2013年度地震保険広報ポスター2013年度地震保険広報ポスター

 一般社団法人日本損害保険協会(会長:二宮 雅也)では、8月24日(土)から地震保険広報活動をテレビ・新聞・ラジオなどで展開します。

 地震保険は、法律に基づき国と損害保険会社が共同で運営する保険です。被災者の方の「生活再建の立ち上がり資金」を確保し、生活の安定に寄与するという、大変重要な役割を担っています。

 本年度の広報活動のキャラクターである「イマシリ先生」が「頼れる!地震保険の話。」と題して、地震保険が「みんなで支える安心」の仕組みであることをわかりやすく呼びかけていきます。

 また、2012年11月に公表された財務省「地震保険制度に関するプロジェクトチーム報告書」(※)の提言を踏まえ、住宅ローン利用者やマンション管理組合に対する加入促進も呼びかけます。

 なお、一部のテレビ・新聞には、協会長をはじめ各地の当協会関係者が出演し、地震保険への理解促進と加入促進の呼びかけを行います。

(※)「地震保険制度に関するプロジェクトチーム報告書」(2012年11月30日公表)

 2012年4月、財務省に設置された「地震保険制度に関するプロジェクトチーム」において、東日本大震災を踏まえた地震保険制度の見直しについて議論が行われ、報告書が取りまとめられた。この中で、住宅ローン債務者やマンション管理組合に対して「地震保険への加入を促していくことが求められる」としている。
 また、同報告書では、保険料率の見直しが課題のひとつとされており、2012年12月に政府の地震調査研究推進本部が公表した「確率論的地震動予測地図」の見直しなどを踏まえ、2014年7月に保険料改定・割引率拡大が行われることになっている。

2013年度地震保険広報活動概要

テレビ
15秒CM
2013年8月24日(土)〜9月8日(日)までの16日間に全国68局で放映 (合計11,184本) 。
2014年1月・3月に一部の局で放映
番組出演
2013年10月〜12月を中心に当協会関係者がパブリシティ番組出演予定。
新聞
2013年9月1日(日)を中心に46紙に広告を掲載。
2013年10〜11月、2014年1月・3月に広告を掲載予定。
インターネット
2013年8月24日(土)〜2014年3月の間にYahoo!Japanなどにバナーおよびテキスト広告を掲出
※出稿するサイトによって掲出期間は異なる。
ラジオ
20秒CM
2013年8月26日(月)〜9月6日(金)までの12日間にAM35局・FM38局で放送(合計1,368本)。
2014年1月・3月に一部の局で放送。
交通広告
15秒CM
(車内ドア上ビジョンで上映)
2013年8月26日(月)〜9月8日(日)までの14日間に関東・関西のJR、関東・福岡の地下鉄、関東の私鉄で放映。
2013年9月1日(日)〜14日(土)までの14日間に関東の私鉄で放映。
雑誌広告
2013年10月・11月、2014年1月にマンション居住者・管理組合向け情報誌2誌と専門紙1紙に広告を掲載。
ポスター
損害保険会社などに約28,000枚掲出
チラシ
住宅ローン利用者・マンション管理組合向けのチラシを、保険会社・関係団体と連携して配付。