津波ハザードマップのeラーニングを公開
〜動画で学んでクイズで確認、学校の防災教育授業などで活用を〜
【No.13-006】
(2013.8.28)

 一般社団法人 日本損害保険協会(会長:二宮 雅也)では、当協会のホームページのeラーニングコンテンツ「動画で学ぼう!ハザードマップ」に、津波ハザードマップに関する内容を追加し、公開しました。

動画で学ぼう!ハザードマップ


 いつでも・誰でも・どこからでもアクセスできますので、学校等での防災教育や地域の自主防災勉強会など、さまざまな場面で幅広くご活用ください。


「津波ハザードマップの活用方法」を紹介
 防災研究専門家の監修のもと、東日本大震災での津波災害の状況も踏まえた今日的な津波ハザードマップの活用方法を、洪水・地震ハザードマップコンテンツに追加して、紹介しています。

動画で学んでクイズで確認、45分で学習
 コンテンツはそれぞれ3〜5分のビデオクリップと各3問の確認クイズで構成。洪水・地震・津波を合わせても45分で学習できます。
 自主学習のほか、学校の防災教育授業で活用できます。

スマートフォン・タブレットPCにも対応
 スマートフォンやタブレットPCでの動画再生にも対応し、外出先からの閲覧や自主勉強会での学習ツールとしても活用しやすくしました。

「防災フェア2013」の防災展示・体験・実演コーナーでも紹介

 「防災フェア2013」(内閣府・防災推進協議会等主催、8月31日(土)・9月1日(日)、六本木ヒルズで開催)の「防災展示・体験・実演コーナー」に当協会も出展し、eラーニングをはじめ、当協会の防災教育活動を紹介します。

 「ぼうさいダック」の実演や「非常持ち出し袋ゲーム」など、防災について楽しみながら学べるツールを各種用意していますので、ご家族や友人とお立ち寄りください。

※「防災フェア2013」の詳細については、内閣府ホームページ(http://www.bousai.go.jp/kyoiku/fair/fair2013/)をご覧ください。