2014年度地震保険広報活動の実施
〜「地震のあとの家族の生活を支える保険、地震保険。」〜
(2014.12.1)

 一般社団法人 日本損害保険協会(会長:櫻田 謙悟)では、12月1日(月)から2014年度地震保険広報活動を展開します。

 損害保険会社などでポスターを掲出するとともに、2015年1月と3月にはテレビ・新聞・ラジオなどを活用した広報活動を実施します。

2014年度地震保険広報ポスター2014年度地震保険広報ポスター

 地震保険は、法律に基づき国と損害保険会社が共同で運営する保険です。被災された方の「生活再建の立ち上がり資金」を確保し、生活の安定に寄与するという、大変重要な役割を担っています。

 本年度は、広報キャラクターにモデルの知花くららさんを起用し、被災された方からの手紙を読み上げながら、地震保険は「地震のあとの家族の生活を支える保険」であることを優しくわかりやすく呼びかけていきます。

 また、生活再建資金確保のために家財の地震保険への加入が有効であることや、マンションにお住まいの方は、被災後の生活再建をスムーズにするために共用部分の地震保険への加入が大切であることから、「家財の地震保険」や「マンション共用部分の地震保険」に対する加入促進も呼びかけます。

 なお、一部のテレビ・新聞には、協会長をはじめ各地の当協会関係者が出演し、地震保険への加入促進の呼びかけを行います。

2014年度地震保険広報活動概要

テレビ
15秒・30秒CM
2015年1月10日(土)〜18日(日)までの9日間に関西圏3局で放映。
2015年3月7日(土)〜18日(水)までの12日間に全国67局で放映。
番組出演
2015年3月を中心に当協会関係者がパブリシティ番組出演予定。
新聞
2015年1月17日(土)、3月11日(水)を中心に46紙に広告を掲載。
インターネット
2014年12月〜2015年3月までの間にYahoo!Japanなどにバナーおよびテキスト広告を掲出。
※出稿するサイトによって掲出期間は異なる。
2014年12月に特設サイトを開設。

2014年度地震保険広報活動特設サイト(外部リンク)

ラジオ
40秒CM
2015年1月に関西圏1局で放送。
2015年3月に全国のAM34局・FM38局で放送。
雑誌広告
2015年1月・3月を中心にマンション居住者・管理組合向け情報誌や専門紙に広告を掲載。
ポスター
損害保険会社などに約2万8千枚掲出。
チラシ
「家財の地震保険」のチラシを、保険会社・関係団体と連携して配付。
販促チラシを約50万部作成し、2015年1月から損保代理店を通じて配付。
マンション共用部分の地震保険の必要性を訴求するチラシを約18万部作成し、マンション居住者向け雑誌に封入。
イベント
宮城県仙台市で開催される第3回国連防災世界会議パブリック・フォーラム(関連事業)において、地震保険 の普及促進・理解促進を目的とするイベントを2015年3月14日(土)に実施。