2018年度自賠責保険広報活動の実施
〜ガチャピン・ムックが自賠責保険制度の理解促進を呼びかけ〜
〜特設サイトで豪華プレゼントが当たるキャンペーンや自賠責保険検定を実施〜
【No.18-044】
(2019.2.28)

2018年度自賠責保険広報ポスター

 一般社団法人 日本損害保険協会(会長:西澤 敬二)では、2019年3月1日(金)から、2018年度自賠責保険広報活動を実施します。この活動は、自賠責保険(自動車損害賠償責任保険)制度の認知向上・理解促進・付保漏れ防止等を目的として、1966年から実施しています。

 今年度は、ガチャピン・ムックを広報キャラクターに起用し、「運転する人も運転しない人も知ってなきゃ。自賠責保険」というメッセージとともに、自賠責保険は、
・被害者保護を目的としていること
・加入が義務付けられていること
・期限切れには注意が必要であること
という3点のポイントについて広く呼びかけます。

 また、当協会の自賠責保険特設WEBサイトをリニューアルし、〇×クイズ形式で手軽に自賠責保険に関する問題にチャレンジできるコンテンツ「自賠責保険検定」を掲載しました。3月1日(金)から 3月31日(日)までの間、クイズに正解するとロボット掃除機など豪華賞品(※)が抽選で 合計60名様に当たるプレゼントキャンペーンも実施しますので、ぜひご応募ください。

自賠責保険特設サイト

※プレゼントキャンペーン賞品
A賞:ロボット掃除機 ILIFE(アイライフ) V3s pro(抽選で10名様)
B賞:モバイルバッテリー BLUEDOT(ブルードット) BMB-102K(抽選で50名様)

【自賠責保険の概要】

  • 自賠責保険は、原動機付自転車を含むすべての車とバイクに加入する義務がある強制保険です。
  • 自賠責保険は、交通事故による被害者救済を目的とした対人賠償保険で、被害者が損害保険会社に直接損害賠償額を請求することもできます。
  • 自賠責保険が切れたまま運転すると、1年以下の懲役または50万円以下の罰金、および免許停止などの処罰の対象となります。
  • 車検の対象でない250cc以下のバイクや原動機付自転車は、ナンバープレートのステッカーでも、自賠責保険の有効期限を確認できます。

2018年度自賠責保険広報活動実施概要(予定)

内容 時期
新聞広告 全国紙1紙、ブロック紙3紙、地方紙22紙の計26紙に広告を出稿 3月1日〜7日
雑誌広告 JAFMATE他9誌 3月中
インターネット広告 PC・スマートフォンサイトに動画広告を出稿 3月中
シティスケープ バス停壁面に大型ポスターを設置 3月4日〜3月17日
自動車教習所
ビジョン広告
ビジョン広告「JACLA VISION」で60秒CM放映 3月中
イオンチャンネル イオン店舗内設置のモニターで15秒CM放映 3月4日〜3月17日
ガソリンスタンド ガソリンスタンドでポスター掲出およびチラシ等のサンプリングを実施 ポスター:3月中
サンプリング:3月中旬〜下旬
特設サイト 特設サイトを開設し、プレゼントキャンペーンや自賠責保険検定を実施 2月28日〜
報道機関への
アプローチ
WEBを中心とするメディアにリリース配信 2月28日