山形県 平成27年の交通事故多発交差点 一覧

マップのトップに戻る

交通事故状況の推移と人身事故発生地点の割合

山形県の交通事故状況の推移
人身事故発生地点の割合
※データ出典:公益財団法人交通事故総合分析センターより

年代別事故状況

年代別第一当事者(※)の割合
 
65歳以上の歩行中、自転車乗車中の交通事故死者数の割合
※最初に交通事故に関与した車両等、運転者または歩行者のうち、当該交通事故における過失が重い者をいい、また過失が同程度の場合には人身損傷程度が軽い者をいう。

平成27年のワースト交差点で発生した事故について(山形新聞調べ)

平成27年は、ワースト交差点5箇所で、66件の事故が発生しています。
このうち、追突事故(50件)が特に多く発生しています。次いで多かったのが、右折直進事故(4件)となっています。
交通事故は、自動車だけでなく歩行者・自転車などの行動が原因となることもあります。 交差点を通行する全ての人が、周囲をよく確認しながら、万一の場合にも対応できる速度で無理せず通行するよう、常に心がけましょう。
地図上のアルファベットまたは交差点名をクリックすると詳細ページが表示されます。
※この「ワースト」という表現は、「事故件数の多い順」という意味で便宜的に並べるために付与したものです。
 各事故の状況や損害・被害の程度を加味した順位付けではありません。

地元警察本部の取組

1.警察として注力している交通安全対策
警察署ごとに「特定交通要点」および「重点路線取締り箇所」を策定し、夕方の時間帯に、特定交通要点における警察官の立哨監視、重点路線取締り箇所におけるパトカーでの取締りを実施し、運転者に注意喚起を図っている。
2.高齢者の交通事故防止・減少に向けた取組
運転適性検査機器を搭載した「交通安全ゆとり号」を活用し、自らの認知機能・身体機能の低下を自覚してもらい安全運転に対する意識向上を図っている。【自動車運転者向け】

自動車教習所と連携し、自転車の危険行為を自動車に同乗したり、間近で見て学んでもらう「シルバー・リンリンスクール」を実施している。【自転車運転者向け】

体験者が道路を横断している状況をスクリーンに投影させて横断を擬似体験させ、安全確認の状況等を記録する「わたりジョーズ君」を各署に貸し出して活用を図り、自らの安全確認方法見直すことで道路横断時の安全意識向上を図っている。また、高齢者の多人が利用する薬局と連携し、声がけや広報チラシの配布等を依頼している。【歩行者向け】

シルバー人材センターと連携して広報チラシ等を配布し同センター利用の高齢者に対する啓発活動を行っている。【共通】