愛媛県 平成27年の交通事故多発交差点 一覧

マップのトップに戻る

交通事故状況の推移と人身事故発生地点の割合

愛媛県の交通事故状況の推移
人身事故発生地点の割合
※データ出典:公益財団法人交通事故総合分析センターより

年代別事故状況

年代別第一当事者(※)の割合
 
65歳以上の歩行中、自転車乗車中の交通事故死者数の割合
※最初に交通事故に関与した車両等、運転者または歩行者のうち、当該交通事故における過失が重い者をいい、また過失が同程度の場合には人身損傷程度が軽い者をいう。

平成27年のワースト交差点で発生した事故について(愛媛新聞調べ)

平成27年は、ワースト交差点5箇所で、39件の事故が発生しています。
このうち、追突事故(12件)が特に多く発生しています。次いで多かったのが、左折事故(11件)となっています。
交通事故は、自動車だけでなく歩行者・自転車などの行動が原因となることもあります。 交差点を通行する全ての人が、周囲をよく確認しながら、万一の場合にも対応できる速度で無理せず通行するよう、常に心がけましょう。
地図上のアルファベットまたは交差点名をクリックすると詳細ページが表示されます。
※この「ワースト」という表現は、「事故件数の多い順」という意味で便宜的に並べるために付与したものです。
 各事故の状況や損害・被害の程度を加味した順位付けではありません。

地元警察本部の取組

1.警察として注力している交通安全対策
・サイクルマスター制度
学校・企業等からの候補者を選定し、育成講習を受講して認定試験に合格した方を「自転車交通安全講習指導員(以下、「サイクルマスター」という)」として委嘱し、サイクルマスターが各地域において独自に自転車教室を開催するなど、より一層教養機会を拡充することにより、自転車利用者の交通ルールの遵守と交通安全意識の向上等を図っている。
・愛媛県警察バイシクルユニット隊員による自転車交通安全指導
愛媛県警察バイシクルユニットとは、自転車に係る交通安全教育に精通している警察官(女性警察官を含む)から選抜された自転車部隊で、隊員は、1.交通安全教室や街頭における指導・啓発、2.各種イベントの警戒警備活動などに出動し、自転車安全利用の普及・促進、自転車事故の防止を図っている。
2.高齢者の交通事故防止・減少に向けた取組
愛媛県の交通事故の特徴として、高齢者が関与した交通事故が全体の4割を超え、また死者の6割を高齢者が占めている。
このような現状を踏まえ、愛媛県警察では、平成28年1月から、「高齢者をいたわるのも“交通マナー”です!」をスローガンに、「シニア・セーフティ・プロジェクト2016」を立ち上げ、高齢者を被害者にも加害者にもさせないための対策を最重点として取り組んでいる。
このプロジェクトでは、各種シミュレータを活用した高齢者に対する交通安全教室の開催や居宅訪問による安全指導、反射材・自転車用ヘルメットの着用促進などの働きかけを行っている。 また、高齢者に配慮した安全運転の指導啓発など高齢者を守る取組みのほか、信号機のLED化、運転免許証を返納しやすい環境づくりなど、高齢者に優しい交通環境の整備に努めている。

※県内の警察署において、高齢者向けの交通安全教室を開催。(年約420回、延べ25,000人参加、うち各種シミュレータを活用した「参加・体験・実践型」交通安全教室は、年67回、延べ3,125人参加)