火災保険

火災保険とは? 火災保険のポイント

宝石や美術品などは加入時に手続きが必要になることも!

貴金属・宝玉・宝石・書画・骨董(とう)・彫刻物その他の美術品のうち、1個または1組の価額が30万円を超えるものは、保険証券に明記されていなければ、補償の対象にならない場合があります。これを「明記物件」といいます。補償の対象にするには加入時に手続きを行うことが必要です。なお、加入時に明記しなくても(明記し忘れた場合でも)補償の対象とする保険商品もありますが、例えば、1個または1組の損害額が30万円を超える場合はその損害額を30万円とみなしたり、1回の事故につき限度額(合計100万円や300万円など)を設けたりしています。

地震による火災は火災保険では補償されません!

地震、噴火、またはこれらによる津波を原因とする損害(火災・損壊・埋没・流失)については、火災保険では補償されません。したがって、地震などによる損害に備えるには、地震保険に加入する必要があります。なお、地震保険は火災保険にセットして加入しなければなりません。

損害保険の契約にあたっては、契約時の注意点などをまとめたパイヤーズガイドをご覧ください

「損害保険の解説」のTOPに戻る

  • 自賠責保険
  • 自動車保険
  • 火災保険
  • 地震保険
  • 傷害保険
  • 医療保険
  • 海外旅行保険
  • 国内旅行保険
  • 個人賠償責任保険
  • ペット保険