医療保険

医療保険とは? 医療保険のポイント

公的な医療保険を補完する保険!

健康保険などの公的な医療保険は、入院費・通院費の全額について支給されるわけではなく、一部自己負担が発生します。特に長期間入院した場合にはその費用が高額になることもあります(※)。
こうしたときに公的な医療保険を補完するのが医療保険の役割といえます。

※長期間の入院により、1か月の医療費の自己負担額が一定の金額(自己負担限度額)を超えた場合、公的な医療保険の「高額療養費制度」を利用することができます。この制度を利用することで、自己負担限度額の超過部分の払い戻しや、医療機関の窓口での支払いを自己負担限度額までとする(事前に申請が必要)ことができます。
医療保険に加入する際には、「高額療養費制度」についても事前に確認するほうがよいでしょう。

補償の対象をガンに絞ったガン保険も!

医療保険の一種に、補償の対象をガンに絞ったガン保険があります。病気を総合的に補償する医療保険に比べて補償範囲をガンに絞っているため、保険料が割安になることがあります。ガン保険が医療保険とは別に単独で販売されているのは、ガンによる死亡率が高いことや、入院・治療が長期間に及んでその結果として治療費用が高額となるおそれがあるため、ニーズが高くなっていることがあげられます。

損害保険の契約にあたっては、契約時の注意点などをまとめたパイヤーズガイドをご覧ください

「損害保険の解説」のTOPに戻る

  • 自賠責保険
  • 自動車保険
  • 火災保険
  • 地震保険
  • 傷害保険
  • 医療保険
  • 海外旅行保険
  • 国内旅行保険
  • 個人賠償責任保険
  • ペット保険