北海道支部の活動

すすきの交差点で交通安全啓発CMを放映
(2010.3.8)

 日本損害保険協会北海道支部では、北海道警察本部と連携して、道内で交通事故が多発している「すすきの交差点」にある街頭大型ビジョンに、15秒の「交通安全啓発アニメーション」を放映します(合計6,832回)。



 アニメーションは、キタキツネの先生と生徒が、すすきの交差点で歩行者と車の衝突事故が多発しており、横断歩道は注意して渡るよう歩行者に注意を呼びかけるものです。  当会ホームページでも見ることができます。