北海道支部の活動

カギ付き自動車盗難・タイヤ盗難の防止を啓発チラシで呼びかけます!
(2012.10.15)

 一般社団法人日本損害保険協会北海道支部(委員長:吉川 哲也・三井住友海上執行役員北海道本部長)では、北海道警察本部と連携して、道内で多発しているカギ付き自動車盗難とタイヤ盗難への注意を呼びかける啓発チラシを2万部作成しました。

  チラシの表面では、道内の自動車盗難件数に占めるカギ付き自動車盗難件数の割合が約66%と他の都府県に比べて非常に高いことから、カギ付き自動車盗難防止のための4つのポイントを紹介しています。また、裏面では、10月と11月は道内でタイヤ盗難が急増する傾向にあることから、タイヤ盗難被害に遭わないための3つのポイントを紹介しています。

  当支部では、本啓発チラシを損保各社および代理店経由で契約者や消費者に配付するほか、道内の警察署や消費者団体等にも設置を依頼し、広く道内に盗難防止を呼びかけます。なお、本啓発チラシに掲載しているカギ付き自動車盗難とタイヤ盗難防止のポイントはそれぞれ次のとおりです。
チラシ表 チラシ表
<カギ付き自動車盗難防止のポイント(チラシ表面に掲載)>

1.車外へ出る時は必ずカギを抜くこと!
2.すぐに車に戻る時も、油断せずに必ずカギを抜くこと!
 (コンビニなどで簡単な買い物をする時などは特に注意が必要です。)
3.寒期にエンジンや車内を温める時なども車から決して離れないこと!
4.常にカギと一緒に行動するように意識すること!


<タイヤ盗難防止のポイント(チラシ裏面に掲載)>

1.鍵のかかる場所に保管する。 
2.タイヤを鎖などで連結して施錠する。
3.タイヤの裏側などに目印を。

チラシ裏
チラシ裏

 当支部では、毎年盗難防止啓発活動に取り組んでおり、今年も10月5日(金)に「札幌駅前通地下歩行空間(チ・カ・ホ)において消費者に啓発用ノベルティを配付し、自動車盗難、車上ねらい、住宅侵入盗に対する注意を 呼びかけました。今後もこうした取組みを通じて自動車盗難等の防止に向けて活動を継続していく予定です。

カギ付き自動車盗難・タイヤ盗難防止の啓発チラシはこちら