北海道支部の活動

「エコ安全ドライブ」を北海道庁等と啓発
(2014.6.13)

〜自動車イベントや自動車教習所、プロドライバーにDVDとチラシを活用〜

 日本損害保険協会北海道支部(委員長:三輪 隆司・日本興亜損害保険株式会社 常務執行役員北海道本部長)では、5月17日(土)・18日(日)に札幌市内のケーズデンキ月寒ドームで開催されたファミリー向け自動車イベント「オールトヨタドライブ王国2014」(札幌地区トヨタ会主催)で北海道庁地球温暖化対策室と連携してブースを設置、「エコ安全ドライブ」の啓発活動を行いました。

 イベントには約1万人が来場、ハイブリッドカーによるエコドライブ体験試乗会や燃料電池自動車などの次世代自動車の展示会等の環境関連イベントも行われました。家族連れを中心に多くの来場者がブースを訪れる中、当協会や北海道庁作成の啓発DVDを放映し、北海道庁職員と当支部職員が当協会作成のチラシなどエコ&セーフティドライブに関する資料を約2,000枚配布しました。

 このイベントに先立ち、当支部では「エコ安全ドライブ」の啓発活動を道内全域で展開しています。4月には北海道指定自動車教習所協会の協力を得て、道内全ての73の公安指定教習所で、当協会作成のDVDを放映、チラシも配布してもらっています。また、北海道警察本部や北海道指定自動車教習所協会の助言を踏まえ、プロドライバー向けの啓発活動を展開、大手運輸会社の新人ドライバー研修で当協会作成のDVDとチラシを活用してもらったほか、所属のドライバー900名が閲覧する業務確認用掲示板に当協会のチラシを掲示してもらいました。

 当支部では、札幌市が開催を計画している環境関連イベントにも参加する予定です。今後も関係機関との連携を深め、道内の環境保護と交通事故削減のためにさまざまな活動に積極的に取り組んでいきます。



イベント会場の様子(月寒ドーム)
イベント会場の様子(月寒ドーム)
・北海道庁の職員と「エコ安全
 ドライブ」を啓発。
北海道庁の職員と「エコ安全ドライブ」
を啓発!
ブースで北海道庁の啓発DVDと協会の啓発DVDを放映!
ブースで北海道庁の啓発DVDと
協会の啓発DVDを放映!
・教習所の待合室で当協会の
 啓発DVDを放映。
教習所の待合室で協会の啓発
DVDが放映
・自動車教習所に当協会の啓発
 チラシを設置。
自動車教習所に協会の啓発チラシ
が設置

大手運輸会社の職員が同社掲示
板に協会の啓発チラシを掲示