北陸支部の活動

富山県自動車盗難等防止協議会幹事会開催
(2013.8.2)

〜カギかけで自動車盗難・タイヤ盗難の防止徹底を確認〜

 富山県自動車盗難等防止協議会(代表幹事:嘉指 博行・富山県自動車販売店協会専務理事)は、自動車盗難等を防止する活動による安全で住みよい地域社会の実現を目的に、7月29日(月)13時30分から富山市の県民会館で幹事会を開催し、会員16団体が出席しました。

 嘉指代表幹事から「自動車盗難が富山県から消滅することを目指し、県民の自動車盗難防止に対する意識を高めるよう、広報・啓発活動をさらに推進していきたい」との挨拶がありました。
 当協議会顧問である富山県警察本部生活安全企画課 中川 保 課長からは「今年の富山県内の自動車盗難認知件数は昨年同月比で約30%増加しており、キーあり盗難の比率が高い」との指摘がありました。
 当支部 樋川 明則 事務局長から、2012年度の活動報告および2013年度の活動方針案について説明があり、了承されました。

 引き続き、富山県警の基調講演が次のとおり行われました。
 ・「富山県内の犯罪情勢について〜自動車盗難、振り込め詐欺、防犯カメラの設置〜」
 (生活安全企画課犯罪抑止対策室 松本 敏之 室長)
 ・「最近の自動車盗難の発生状況について〜自動車盗難件数、最近の手口〜」
 (捜査第一課 中林 正範 課長補佐)
  また、当協会 自動車盗難対策室 三村 雅彦 担当課長が「全国自動車盗難防止対策の現状等について〜今後の対策と課題〜」と題する講演を行いました。

 当日は地元の新聞・テレビの取材があり、新聞や富山県内ニュースで報道されました。

会場の様子会場の様子

自動車盗難対策室担当課長の講演三村 自動車盗難対策室担当課長の講演