北陸支部の活動

高齢者交通安全ゼミナール(全7回)をスタート
(2017.6.23)

〜高齢者の事故防止に向け石川県・石川県警察と共同で取組み〜

 日本損害保険協会北陸支部(委員長:川杉 朋弘・東京海上日動火災保険株式会社 金沢支店長)では、近年増え続ける高齢者の交通死亡事故防止対策として、石川県、石川県警等と共同で6月から12月までの間に県内7箇所で「高齢者交通安全ゼミナール」を開催します。

 本ゼミナールは高齢者への総合的な交通安全指導として、講演の部と実践の部の2部で構成されます。第1回目は6月14日(水)に金沢市の瑞樹会館で地域の高齢者約40名を対象に開催されました。
ゼミナールの概要と当日の模様は以下の通り。

「平成29年度高齢者交通安全ゼミナール」の概要

実施時期

平成29年6月から平成29年12月まで

実施回数・場所等

  • 回 数:7回 (地域性、交通事故の発生状況等を考慮して開催)
  • 会 場:市町庁舎講堂会議室・公民館等(4回)、県内自動車教習所(3回)
  • 参加者:地域の高齢者、1会場あたり30名から70名

実施内容

⑴ 講演(30分) 講師:日本損害保険協会北陸支部講師

  • 演題:「交通事故で失うもの」
  • 内容:交通事故の頻度の高い類型や、事故の被害者・加害者が失うものおよび刑罰等について

⑵ 実践(60分)

各種シミュレータを利用し、加齢による身体機能の低下を体感してもらうことにより、注意喚起を行う。
また、高齢ドライバーの事故防止策として、車線をはみ出した時に警報が鳴ったり、追突を避けるために自動ブレーキが作動する機能を搭載した先進安全自動車(ASV)を県内の自動車販売店と連携し、自動車教習所敷地で実車体験により、普及促進に努める。

講演の部の様子講演の部の様子

高齢者向けの事故防止啓発チラシを配布高齢者向けの事故防止啓発チラシを配布

写真1

写真2

シミュレータを体験する受講者

当支部では、引き続き高齢者の交通事故防止・減少にむけて取り組んでいきます。