北関東支部の活動

自転車シミュレータを新潟県交通安全協会へ寄贈
(2017.11.14)

自賠責保険の運用益を用いた交通事故防止活動

 日本損害保険協会北関東支部新潟損保会(会長:吉岡 敬太郎・三井住友海上火災保険株式会社 新潟支店長)では、公益財団法人新潟県交通安全協会へ「自転車シミュレータ」()を寄贈し、11月8日(水)にその寄贈式が行われました。

 当協会では自賠責保険の運用益を活用した事業(自賠責運用益拠出事業)の一環として、自転車利用者に対して自転車の安全利用やルール遵守の徹底を図るため、各都道府県の交通安全協会に「自転車シミュレータ」の寄贈を行っており、今年度は全国で10台が寄贈されることになっています。

 寄贈式では、吉岡損保会会長から新潟県交通安全協会の 藤木 今朝司 専務理事へ目録が贈呈されました。寄贈挨拶の中で、吉岡会長は「自転車の加害事故に関わる高額な損害賠償事例が問題になっているが、自転車が事故の被害者になる場合も含め、自転車事故の防止は喫緊の課題である。また、超高齢社会を迎え、高齢者が自転車を利用される場面も一般的になる中で、高齢者交通事故防止も重要な課題と考えている。自転車シミュレータを地域の自転車事故防止に役立てていただきたい。」と述べました。引き続き、藤木専務理事から「交通事故の防止啓発活動を行うためには自転車シミュレータのようなツールが必要不可欠と考えているが、なにぶん高価なため簡単に用意できるものではなく、今回の寄贈は大変ありがたい。利用者に興味を持って交通安全について学習いただけるツールであるので、最大限活用し県内の交通事故防止に努めたい。」との挨拶がありました。

 新潟損保会では、今後も市民生活の安全・安心のために、交通事故防止に向けた取組みを行っていきます。

吉岡会長(左)から 
藤木専務理事(右)へ目録贈呈
吉岡会長(左)から
藤木専務理事(右)へ目録贈呈

寄贈の挨拶をする吉岡会長寄贈の挨拶をする吉岡会長

寄贈式出席者寄贈式出席者

寄贈した自転車シミュレータ寄贈した自転車シミュレータ

(※)自転車シミュレータ

 自転車運転の際に起こりうる危険を体験することで、自転車乗用時のルール、マナー、危険予測を学習する機器。体験者が自転車部のペダルを踏めば、その速度に応じてモニターの映像が移動し、ハンドルを動かせばその方向に進み、実際に自転車を運転している感覚を得ながら学習することができる。