九州支部の活動

第7回普通救急救命講習会を開催しました!
(2011.2.1)

日時:2010年11月12日(金)13:30〜16:30
会場:福岡市消防本部庁舎 3階 講堂
講師:福岡市消防局救急課ならびに市民サポーター

 九州支部では、第7回目となる救急救命講習会(3時間コース)を開催しました。福岡市消防局の指導員3名と市民サポーター3名を講師としてお招きし、損保会社の職員ならびに福岡県代協の会員の方々など27人の参加がありました。
 まず、講師から救急救命医療を取り巻く近々の状況の講話があり、次に救急救命講習会を受講した方が応急手当を施したおかげで、蘇生することができた実例を再現したDVDを視聴しました。その後、4つのグループに分かれて人形を使っての心肺蘇生法(人工呼吸・心臓マッサージ)やAEDの実技、止血法や物が喉に詰まった時の対処法などを習いました。
 事故や災害、急な怪我や病気はいつどこで起こるか分かりません。緊急時に備えて応急手当や救命に関する知識を身につけておくことの重要性と今後も多くの方々に救命技能を知っていただき、さらに技能を忘れることなく反復して講習を受けていただく機会を提供してしく必要性を感じました。

講習会の模様

人工呼吸・心臓マッサージ等の実技
人工呼吸・心臓マッサージ等の実技
止血法等の講義
止血法等の講義

受講された方々の感想・意見

・定期的に受けたら効果的だと思います。
・具体的な指導だったので大変参考になりました。
・実際に体験することで、具体的なイメージをつかむことができたと思います。
・イメージは持っていたが、緊急時には、役に立たないと思う。今回、正確な行動を勉強できて良かった。
・今回の講習会は、わかりやすく説明していただいたので良く理解できました。このような講習会は、1回だけでなく何度も受けていざという時に間違いなく行動できるようにする必要性を感じました。