沖縄支部の活動

瀬長島で日本一早いビーチクリーン活動
(2014.3.26)

海開きを前に、160名が地域貢献・環境改善に取り組む

 日本損害保険協会沖縄支部(委員長:濱田 剛・大同火災海上保険株式会社 常務取締役)では、3月16日(日) 10時から45分間、那覇空港に近い豊見城市の瀬長島ビーチで海開きを前にした恒例のビーチクリーン活動を実施しました。これは、損保業界の地域貢献・環境改善活動の一環として毎年行っているものです。
 当日は日曜日にもかかわらず、濱田委員長夫妻をはじめ、損害保険各社や沖縄県代理業協会とその家族、総勢160名を超える参加者が集まりました。
 今年最初の清掃ということもあり、たくさんのゴミを回収しました。やわらかな陽射しのなか、きれいになったビーチを前に参加者からは笑顔がこぼれていました。



 ゴミを拾う参加者ゴミを拾う参加者

 回収されたゴミ回収されたゴミ

 総勢160名を超える参加者総勢160名を超える参加者