試験関係

鑑定人Q&A

3級鑑定人試験を受験にあたって、何か条件や要件が必要ですか?

3級鑑定人試験は、年齢、学歴、国籍等に関係なく、以下に該当する者を除きどなたでも受験することができます。

  • 暴力団員(暴力団員ではなくなった日から5年を経過しない者を含む。)、暴力団準構成員、暴力団関係企業その他の反社会的勢力(以下「反社会的勢力」という。)に該当する
  • 反社会的勢力に対して資金等を提供し、または便宜を供与するなどの関与をしている
  • 反社会的勢力を不当に利用している
  • 反社会的勢力と社会的に非難されるべき関係を有している
  • 自らまたは第三者を利用して、暴力、脅迫、威力または詐欺的言動その他違法ないし不当な言動を行っている


鑑定人試験にはどのような種類がありますか?

鑑定人試験は、鑑定業務に必要な知識を3段階(1・2・3級)にランク付けしたランクアップ技能試験ですので、3級鑑定人試験を受験せず、直接2級または1級鑑定人試験を受験することはできません。


鑑定人試験にはどのような試験科目がありますか?

鑑定人試験の試験科目および単位は次のとおりです。1級および2級鑑定人試験は、各試験科目とも単位制を採用しており、過去に合格した科目は、次回以降の鑑定人試験においても有効です。


技能ランク 試験科目 単位数
1 級 (1)保険・一般常識1単位
(2)建築1単位
(3)電気1単位
(4)機械1単位
(5)簿記会計1単位
(6)研究レポート1単位
合計(登録必要単位数)6単位
2 級 (1)保険・一般常識1単位
(2)建築1単位
(3)電気1単位
(4)機械1単位
(5)簿記会計1単位
合計(登録必要単位数)5単位
3 級 (1)保険・一般常識
(2)建築
(3)電気・機械

鑑定人試験(1級・2級・3級)は、どの程度の合格率ですか?

各試験科目の難易度等によって変わりますので、一概に何%とは言えませんが、1級は5〜10%、2級は10〜20%、3級は20〜30%を合格率の目安と考えてください。


鑑定人試験、特に3級鑑定人試験は、3科目(「建築免除」の方は2科目)で60点以上でないと合格できませんが、何か効率的な勉強方法がありますか?

勉強方法は、人によって異なるので、一概にはいえませんが、過去問題を勉強し、各試験科目の出題傾向の特色等を理解してから、過去に出題された箇所を中心にテキストを精読する方法が良いと思います。


一級建築士の資格を有する場合、鑑定人試験を受験せずに3級鑑定人として登録することができますか?

3級鑑定人試験に合格し、損保協会宛に3級鑑定人登録申請を行わなければ、3級専門鑑定人の登録はできません。
(なお、一級建築士もしくは二級建築士の資格を有する方は、3級鑑定人試験の試験科目の「建築」は免除されます。)


鑑定人試験には試験科目の免除制度がありますか?

鑑定業務に有用な一定の公的資格を有する方については、試験科目が免除されます。
試験免除を希望される方は、受験申請書類とともに受験免除を証明する書類(免許証・免除等)のコピーを損保協会宛に提出してください。


公的資格 免除する試験科目
一級建築士1級、2級、3級の「建築」
二級建築士2級、3級の「建築」
公認会計士1級、2級の「簿記会計」
税理士
日本商工会議所簿記検定1級
第一種電気主任技術者1級、2級の「電気」
第二種・第三種電気主任技術者2級の「電気」

試験当日には、本人確認書類として何を持参すればいいですか?

受験にあたっては、「受験票」および次に掲げる「写真貼付の公的本人確認書類」のいずれか1点が必要となりますので、必ずご持参ください。


1.運転免許証
2.パスポート
3.写真付住民基本台帳カード
4.個人番号カード(マイナンバーカード)
5.在留カード、特別永住者証明書
※外国人登録証明書は、在留カード、特別永住者証明書に準じて取り扱います。
6.当会が発行する本人確認票
※  公的本人確認書類は、いずれも受験当日時点で、有効期限内のものに限ります。


なお、1〜4のいずれも所有していない場合、協会において「5.本人確認票」を作成・発行いたしますので、次の2点を受験申請書とともに協会 損害サービス企画部 試験・医研センターグループ 鑑定人試験係にご送付ください。


(1)本人確認票の作成を希望する旨を記載の用紙(形式は問いません)
(2)本人確認票貼付用の写真(縦3cm×横2.4cm)1枚

新設:2012.4.1 更新:2014.4.1 (損害サービス企画部 試験・医研センターグループ)