地震保険

 地震保険には建物の耐震性能に応じた保険料の割引制度があります。割引の適用を受けるためには、下記の適用条件を満たすことが確認できる所定の確認資料(写)の提出が必要となります。
 なお、割引は下記いずれか1つのみ適用でき、各割引を重複して適用することはできません。

 また、下記に掲載している確認資料は代表例であり、その他にも使用できる確認資料がある場合がございます。詳しくはお取り扱いの損害保険代理店または損害保険会社にお問い合わせ下さい。

1.建築年割引

適用条件
1981年6月1日以降に新築された建物であること
割引率
10%

※確認資料ごとの確認のポイントや注意点など、詳細は以下資料名をクリックしてご覧ください。

2.免震建築物割引、耐震等級割引

適用条件
住宅の品質確保の促進等に関する法律に基づく、免震建築物に該当する建物であることまたは耐震等級(構造躯体の倒壊等防止)を有している建物であること
割引率

免震建築物(50%)

(注)2014年6月30日以前始期契約の場合、割引率は30%となります。

耐震等級3(50%)

(注)2014年6月30日以前始期契約の場合、割引率は30%となります。

耐震等級2(30%)

(注)2014年6月30日以前始期契約の場合、割引率は20%となります。

耐震等級1(10%)

※確認資料ごとの確認のポイントや注意点など、詳細は以下資料名をクリックしてご覧ください。

(※)設計内容説明書は、単独で確認資料とはなりません。認定通知書等と合わせて提出することで確認資料となります。

3.耐震診断割引

適用条件
地方公共団体等による耐震診断または耐震改修の結果、改正建築基準法(1981年6月1日施行)における耐震基準を満たす建物であること。
割引率
10%

※確認資料ごとの確認のポイントや注意点など、詳細は以下資料名をクリックしてご覧ください。

新設:2017.12.18 (業務企画部 地震・火災・新種グループ)