俳優の長谷川博己さんを起用した地震保険広報開始
〜新しい時代を地震に本気で備える時代へ。〜
【No.19-010】
(2019.8.23)

2019年度地震保険広報ポスター2019年度地震保険広報ポスター

 一般社団法人 日本損害保険協会(会長:金杉 恭三)では、8月23日(金)から、2019年度地震保険広報活動を開始します。

 新元号「令和」を迎えた今年度のキャッチコピーは、「新しい時代を地震に本気で備える時代へ。」です。広報キャラクターには、2020年1月よりNHK大河ドラマ(麒麟がくる)で主演を務める長谷川博己さんを起用します。8月26日(月)からテレビCMを放送するほか、テレビ特別番組の放送、新聞広告、Web広告、ポスター広告などを実施し、地震のリスクや地震保険の必要性を広く呼びかけます。

 当協会では、本活動等を通じて、今後も地震保険の理解促進と加入促進を図っていきます。

    1.テレビCM
    今年度は、3パターンのCMを制作し、地震保険のポイントとなる3つのメッセージを伝えます。
  • (1)「地震被害にあうと住宅の修繕費やローン、生活費など予想以上のお金がかかります。」
  • (2)「火災保険では地震による火災の損害は補償されません。火災保険加入者の約3分の2が加入しています。」
  • (3)「世界で起こるマグニチュード6以上の地震が日本周辺で起こる割合は約20%(※)です。」※出典:内閣府「平成26年防災白書」

2.テレビ番組
特別番組2本(テレビ東京系列、BS朝日)とミニ番組(テレビ東京 全13回)を放送し、視聴者に地震保険の知識を伝え、理解を深めていただきます。

2019年度地震保険広報活動概要(予定)

テレビ スポットCM(15秒)

2019年8月26日(月)〜9月8日(日)(全国69局)

2020年1月・3月(東阪四国)

テレビ番組

テレビ東京系列 特番(60分)

2020年1月13日(月・祝)放送予定

BS朝日 特番(60分)

2019年9月29日(日)放送予定

テレビ東京 ミニ番組(約3分)

2020年1月〜3月 全13回放送予定

新聞

専門誌
新聞(広告掲載)

全国紙2紙

2019年8月29日(木)、8月31日(土)

専門誌(広告掲載)

マンション管理組合向け、賃貸住宅関連の専門紙

2019年9月、2020年1月・3月

インターネット 動画広告

YouTube

2019年8月28日(水)〜9月8日(日)、2020年1月・3月

広告(ディスプレイ等)

Yahoo、Google、Facebook等

2019年8月28日(水)〜2020年3月31日(火)

特設サイト

2019年8月23日(金)〜2020年8月下旬

テレビCM、テレビ番組(ダイジェスト版)などを随時掲載予定

新聞・雑誌・WEB 新聞・雑誌・WEBが連動した企画(内容・日程調整中)
ポスター 広報ポスターを作成し、損害保険会社や損害保険代理店などに掲出。

地震保険の概要

  • 1966年に「地震保険に関する法律」が制定。地震等により被災された方の「生活再建の立ち上がり資金」を確保し、生活の安定に寄与することを目的として、政府と損害保険会社が共同で運営する保険。補償内容・保険料は、どの損害保険会社、代理店で加入しても同じ。
  • 地震、噴火、またはこれらによる津波を原因として、住居用の建物および建物内の家財に生じた損害(火災・損壊・埋没・流失)に対して保険金が支払われる。上記の損害は火災保険では補償されないため、地震保険が必要。
  • 地震保険は単独では加入できず、火災保険にセットして加入する必要がある。火災保険の契約の中途でも、地震保険に加入することができる。
  • 2018年度の地震保険の付帯率(※)は全国平均で65.2%(出典:損害保険料率算出機構)である。※2018年度に契約された火災保険(住宅物件)契約件数のうち、地震保険を付帯している件数の割合。