指導時のアドバイス例

チェックポイントメニューに戻る

「防災」をテーマに実施する場合のチェックポイント

  • 実際の活動時には、これらの全てを盛り込むのは難しいと思われますので、必要に応じて参考にしてください。
  • 参加児童の人数や学年に応じて、地域の実情に合った内容で実施してみましょう。
  • 実施の際は、「子どもと大人の双方にとって、楽しく充実した時間にしよう」という点を心がけましょう。
  • 万一の事故やケガに備えて、保険等の手当ても行なっておきましょう。
施設基本編:レベル1応用編:レベル2発展編:レベル3
避難場所
  • どこが避難場所なの?
  • いつ避難すればいいの?
  • 小学校や公園・公民館など、緊急時の避難場所を確認しましょう。どんな災害の時に避難するかも学びましょう。
  • 慌てずに急いで避難できるかな?
  • 大人は知っているかな?
  • 避難できない人はいない?
  • 避難場所までの距離や経路は安全でわかりやすいか、高齢者など避難が困難な方はどうすればよいかも考えてみましょう。
  • 災害が起きたときの避難場所での生活を想像してみよう。
  • 自分たちにできることは、何かないかな?
  • 避難場所での生活を想像したり、その中で子どもにもできることはないかを考えさせると、より意識が高まります。
防災
備蓄倉庫
  • どこにあるの?
  • 鍵は誰が持っているの?
  • 防災備蓄倉庫の場所や、誰が管理しているのかといった点を確認しておきましょう。
  • 何が入っているの?
  • なぜ○○が入っているの?
  • 防災備蓄倉庫の中を見学するなどして、どんなものが・何のために・どれくらい入っているか、確認するとよいでしょう。
  • 防災備蓄倉庫の中身がなくなったら、どうしよう?
  • 自分たちで備えておくものは、何があるかな?
  • 防災備蓄倉庫の内容を知り、「非常用持ち出し袋」などで備えることの重要性を考えさせるとさらによいでしょう。
消防署
  • どこにあるの?
  • どんなときに出動するの?
  • 消防署の場所や防災・救急の役割について確認しておきましょう。
  • ふだんは何をしているの?
  • どういう出動が多いの?
  • 消防隊員の日常業務や地域の災害・救急などの出動傾向についてインタビューすると、理解が深まります。
  • 消防隊員を体験してみよう。
  • 自分たちが気をつけることは何かな?
  • 防火服着用や放水体験などは子どもたちの記憶に強く残ります。また、火遊びの危険や安易な119番通報の自粛などにも気づくかもしれません。
病院
  • どこにあるの?
  • どんなときに診てもらえるの?
  • 診てもらえる時間は?
  • 場所・診療科目・診療時間などをチェックしておきましょう。災害時だけでなく、平時の事故や病気への備えにもなります。
  • どんな病気やケガまで対応できるの?
  • 災害時はどこまで頼れるのかな?
  • どの程度の手術・処置ができるか、既往症のある方(糖尿病・人工透析など)の災害時対応などをインタビューするのもよいでしょう。
チェックポイントメニューに戻る

防災教育情報に関するお問い合わせ先

〒101-8335 東京都千代田区神田淡路町2-9
一般社団法人 日本損害保険協会
業務企画部 啓発・教育グループ
TEL:03-3255-1215 FAX:03-3255-1236
E-mail:publish@sonpo.or.jp

更新:2016.11.22 (業務企画部 啓発・教育グループ)