指導時のアドバイス例

チェックポイントメニューに戻る

そのほかのテーマで実施する場合のチェックポイント

  • 防災・防犯・交通安全のほか、以下のようなテーマで実施していただいても結構です。
  • 実際の活動時には、これらの全てを盛り込むのは難しいと思われますので、必要に応じて参考にしてください。
  • 参加児童の人数や学年に応じて、地域の実情に合った内容で実施してみましょう。
  • 実施の際は、「子どもと大人の双方にとって、楽しく充実した時間にしよう」という点を心がけましょう。
  • 万一の事故やケガに備えて、保険等の手当ても行なっておきましょう。
地域の再発見指導時のアドバイス例
地域の良い所さがし
  • このまちの「自慢できるところ」は何だろう?
  • まちの特産品や、ほかのまちにはない「いいところ」を探してみよう?
  • 地域の主要産業や雰囲気、歴史的な意義など、社会科の一環として調べていくと、導入部分としてスムーズになるかもしれません。地域への愛着や関心なども、子どもたちに芽生えていきます。
未来に向けたまちづくり
  • このまちをもっと楽しくにぎやかにするために、どんなことをしているのかな?
  • 自分たちにもできることは、何かあるかな?
  • たとえば郷土芸能の保全・伝承や、観光資源の開発など、地域おこしの内容などを調べてみるのもよいでしょう。そうした過程の中で、「このお祭りは洪水の被害を抑えるために始まったのか」といった地域災害史に行き着く場合もあるかもしれませんし、観光資源を守るためにいろいろな災害対策が行なわれているといった事例が発見できるかもしれませんね。次世代の地域の中核を担うという自負が、子どもたちの中に生まれるかもしれません。
チェックポイントメニューに戻る

防災教育情報に関するお問い合わせ先

〒101-8335 東京都千代田区神田淡路町2-9
一般社団法人 日本損害保険協会
業務企画部 啓発・教育グループ
TEL:03-3255-1215 FAX:03-3255-1236
E-mail:publish@sonpo.or.jp

更新:2016.11.22 (業務企画部 啓発・教育グループ)