「保険」は、効果的な万一のときの備え。

事故は、いつ起こるか分からないもの。万が一事故にあったとき、思わぬ出費も…
そんなときのための準備が大切になってくるわけです。

貯蓄だと…

事故や災害が起きた時に、十分なお金が貯まっているとは限りません

貯蓄は、目的に合わせて貯めていくもの
いつ起こるか分からない事故や災害の備えには向きません

保険だと…

すぐに十分なお金を準備できる」ところがいいんです!

保険なら、契約期間(保険期間)を通じて十分な補償を得ることができます
だから、いつ起こるか分からない事故や災害にも備えることができるのです。

こうした特徴から「貯蓄は三角保険は四角」といわれています。

保険に入るということは、
安心を準備する」ということです。

「ほけんのきほん」のTOPに戻る

  • 「保険」は、効果的な万一のときの備え。
  • 「保険」は、助け合いの精神でできている。
  • 「保険」には、いろいろな種類がある。
  • 「損保」は、実際の損害に対して保険金を支払うのが原則。
  • 「保険料」は、統計データを基に決められる。
  • そんぽの雑学