「保険」は、
助け合いの精神でできている。

保険の仕組みは四文字熟語で「相互扶助」という言葉で表せます。
この「相互扶助」はどのような意味なのでしょうか?

相互扶助の
「相互」って?

「相互」は、お互いという意味。

保険に入っている人達が、
お互いにお金(保険料)を少しずつ出し合います。

じゃあ、
「扶助」って?

「扶助」は、助けるという意味。

保険料を払ったうちの誰かが事故にあった時は、集まったお金の一部を渡し、お互いに助け合うのです。

一人は万人のために、万人は一人のために。
みんなでお金を出し合い、誰かが事故にあったときは、そのお金で補償するのです。