事業中断・利益減少のリスク事業中断・利益減少のリスク

事業中断・利益減少のリスクとは、火災をはじめとする様々な偶然な事故が原因で休業せざるを得なくなったり、取引先の倒産等により貸倒れが発生したりして企業の利益が減少するリスクです。
リスク例リスク例
  • 工場で火災が発生したことによる休業
  • 店舗や商品が水災により浸水したことによる休業
  • 食中毒の発生による休業
  • 業績悪化による取引先の倒産
主な事例主な事例
  • CASE01
    建物火災によって休業した。

    建物内で出火し、建物・設備・什器等に焼損が生じたため、修理期間中の営業を休止せざるを得ず、約1,000万円の損害が生じた。

  • CASE02
    食中毒が発生したことによって休業した。

    店内で食中毒が発生し、保健所から営業停止の行政措置がなされた。営業停止による休業の結果、約400万円の損害が生じた。

中小企業の経営者・従業員に聞いたリスク意識と保険加入の実態中小企業の経営者・従業員に聞いたリスク意識と保険加入の実態
  • 事業中断・利益減少のリスクに関して、
    どの程度深刻な問題として捉えていますか。
    事業活動においてリスクを感じている経営者の約8割が、取引先の廃業等により売上が減少するリスクについて「とても深刻である/やや深刻である」と回答
  • 事業中断・利益減少のリスクに
    備えるための保険に
    「加入している」と
    回答した割合
    • 休業補償保険
      13.0%
    • 取引信用保険
      4.9%
調査結果についてより詳しく知りたい方はこちら調査結果についてより詳しく知りたい方はこちら
事業中断・利益減少のリスクに備える保険事業中断・利益減少のリスクに備える保険

本サイトでは、一般的な補償内容を紹介しています。
補償内容や保険料の決定方法、保険金の支払限度額
など、各社によって異なります。