従業員のリスク従業員のリスク

従業員のリスクとは、従業員の労働災害(業務上の事故などによるケガ・病気・障害・死亡)について企業が補償金や損害賠償金などを負担するリスクです。
リスク例リスク例
  • オフィスの階段で転倒したことによる負傷
  • 業務中に高所から落下したことによる死亡
  • 業務上の心理的負荷による精神障害
主な事例主な事例
  • CASE01
    労働災害により従業員に後遺障害が生じた。

    従業員が会社で作業中に転倒し、足を骨折した。人工関節が必要となり、後遺障害が認定された。企業は法定外補償規程に基づき、当該従業員に対して災害補償として約200万円を支払った。

  • CASE02
    従業員がうつ病に罹患して自殺し、高額な損害賠償請求に発展した。

    従業員が恒常的な長時間労働に従事した結果うつ病に罹患し、自殺した。遺族は企業に対して逸失利益・慰謝料の損害賠償請求を行った。裁判所は、企業の安全配慮義務違反であるとして、1億円を超える損害賠償金の支払を命じた。

中小企業の経営者・従業員に聞いたリスク意識と保険加入の実態中小企業の経営者・従業員に聞いたリスク意識と保険加入の実態
  • 従業員リスクに関して、
    どの程度深刻な問題として捉えていますか。
    事業活動においてリスクを感じている経営者の約半数が、勤務中や移動中のケガ・器物損壊等による損害賠償のリスクについて「とても深刻である/やや深刻である」と回答
  • 従業員リスクに備えるための
    保険に
    「加入している」と
    回答した割合
    • 23.4%
    ※労働災害総合保険の加入割合
調査結果についてより詳しく知りたい方はこちら調査結果についてより詳しく知りたい方はこちら
従業員のリスクに備える保険従業員のリスクに備える保険

本サイトでは、一般的な補償内容を紹介しています。
補償内容や保険料の決定方法、保険金の支払限度額
など、各社によって異なります。