火災保険

火災保険とは? 火災保険のポイント

火災保険とは?

火災保険は、火災だけでなく、風水災などの自然災害や盗難などによって、建物や家財などに生じた損害を補償する保険です。

火災保険で保険金支払いの対象となる主な損害や費用は、次のとおりです。

建物や家財に発生した
直接的な損害

火災、落雷、破裂・爆発、風災・雹(ひょう)災・雪災、水災、外部からの飛来物、水漏れ、盗難など

損害が発生した際に
付随的に発生する費用

消火活動に要した費用、災害時に必要となる臨時費用、焼け跡の後片付けにかかる費用、失火による近所へのお詫びにかかる費用など

ただし、保険会社や保険商品によって補償される範囲が異なります。また、補償する範囲が広くなるほど保険料が高くなりますので、それぞれのニーズに合わせて選ぶ必要があります。
火災保険の加入方法は、建物と家財について、それぞれ別々に加入することになります。部屋を借りるなどの場合には、建物については建物の所有者が加入しますが、家財については入居者自らが加入する必要があります。

損害保険の契約にあたっては、契約時の注意点などをまとめたパイヤーズガイドをご覧ください

「損害保険の解説」のTOPに戻る

  • 自賠責保険
  • 自動車保険
  • 火災保険
  • 地震保険
  • 傷害保険
  • 医療保険
  • 海外旅行保険
  • 国内旅行保険
  • 個人賠償責任保険
  • ペット保険