地震保険

地震保険とは? 地震保険のポイント

地震保険とは?

地震保険は、建物や家財について、地震、噴火、またはこれらによる津波を原因とする損害(火災・損壊・埋没・流失)を補償する保険です。
これらの損害は火災保険では補償されませんので、地震保険に加入する必要があります。なお、地震保険は単独では加入できず、火災保険にセットして加入しなければなりません。また、現在加入している火災保険に地震保険をセットしていない場合、火災保険の契約期間の途中からでも地震保険に加入することができます。
建物や家財の損害状況により、「全損」、「半損」、「一部損」のいずれかに認定されます。「全損」は契約金額の100%、「半損」は契約金額の50%、「一部損」は契約金額の5%の保険金が支払われます。なお、損害が「一部損」に至らない場合や、門、塀、垣のみの損害の場合などは、保険金は支払われません。

損害保険の契約にあたっては、契約時の注意点などをまとめたパイヤーズガイドをご覧ください

「損害保険の解説」のTOPに戻る

  • 自賠責保険
  • 自動車保険
  • 火災保険
  • 地震保険
  • 傷害保険
  • 医療保険
  • 海外旅行保険
  • 国内旅行保険
  • 個人賠償責任保険
  • ペット保険