大学生・若手社会人向け教材

大学生・若手社会人向け教材

大学生・社会人になるにあたって、備えるべきリスクの種類や内容を理解するための教材などがあります。

「そんぽのホント」(フレッシャーズガイド)

本冊子は、高校生や大学生、新社会人等を対象とした損害保険入門冊子です。 本冊子の特徴として、前半部では、事故の発生状況、保険の特徴や仕組みなどのクイズ5問によって要点を端的に訴求するとともに、テンポを与えて読みやすくしています。また、後半部では、海外旅行や自動車の運転、一人暮らしといった若年層にとってより身近な場面別に役立つ損害保険について分かりやすく解説しています。

明るい未来へTRY!~リスクと備え~

本教材は、難しいというイメージが強い損害保険にわかりやすく関心を持っていただけるように、まず高校生や大学生の皆さんが「やってみたい!」と思っている事柄に潜むリスクを紹介します。そして、そのリスクに対処する損害保険について、短時間かつ、「主体的・対話的で深い学び」を実現した形式で学ぶような構成となっております。

2022年4月1日から、成人年齢が20歳から18歳に引き下げられる予定であり、18歳から親の同意なしに契約できるようになります。本人が責任を負うことになるので、いろいろな場面で起こりうるリスクから自分を守るためにも、リスクと損害保険に関する正しい知識を学んでいきましょう。

本教材は、冊子教材(高校生や大学生に実際に使ってもらう「コア教材(生徒用)」および「教員用手引書」のセット)、パワーポイント教材および動画教材をご用意しております。
動画教材は、「やってみたい」こととリスク、損害保険の概要を学ぶうえでの基本となる「そもそも保険とは?」という点をコンパクトに学習することができますので、冊子やパワーポイントと合わせてぜひご活用ください。

パワーポイント版副教材

実践方法

基本的な授業展開例
  1. まずは、本教材で紹介している「やってみたいこと」にまつわるリスクは何があるかを生徒に考えてもらいます。
  2. リスクについて発表してもらったうえで、生徒同士のグループワークなどで、リスクが発生しないようにする備え方について議論し、発表してもらいます。
  3. そして、万が一リスクが発生してしまった時の経済的な損失に備えるために「保険」があることを生徒に伝えていただき、「保険の役割」の動画教材を通して、基礎的な事項を確認します。また、「社会保険と民間保険」の動画教材を用いてさらに保険の基本について学習することも可能です。
  4. 冊子教材の後半に用意している資料編で調べたり生徒同士で話したりしながら、ワークを通して計20分程度で学習します。

それぞれの「やってみたいこと」は、夏休みなどの長期休暇前や卒業前、自動車の運転免許を取得できる年齢になったタイミングなど、それぞれの場面で活用できるものです。また、学校の授業においてもニュース等時事的な事柄とリンクしてリスクと損害保険を学ぶことができますし、自習用としてもお使いいただけます。

パワーポイント版副教材
サイト内検索