明るい未来へTRY!~リスクと備え~

 本書は、難しいというイメージが強い損害保険にわかりやすく関心を持っていただけるように、まず高校生や大学生の皆さんが「やってみたい!」と思っている事柄に潜むリスクを紹介します。そして、そのリスクをできるだけ小さなものにとどめるための助けとなる損害保険について、短時間かつ、「主体的・対話的で深い学び」を実現した形式で学ぶような構成となっております。

 2022年4月1日から、成人年齢が20歳から18歳に引き下げられる予定であり、18歳から親の同意なしに契約できるようになります。本人が責任を負うことになるので、いろいろな場面で起こりうるリスクから自分を守るためにも、リスクと損害保険に関する正しい知識を学んでいきましょう。

 本書は、高校生や大学生に実際に使ってもらう「コア教材(生徒用)」、教員の方が授業する際に進め方の参考となる「教員用手引書」の2点がセットとなっております。なお、教員の方が授業で柔軟に使用できるよう、コア教材の内容をPowerPointでまとめた教材も提供しています。

実践方法

基本的な授業展開例

  1. 1.まずは、本教材で紹介している「やってみたいこと」にまつわるリスクは何があるかを生徒に考えてもらいます。
  2. 2.リスクについて発表してもらったうえで、生徒同士のグループワークなどで、リスクが発生しないようにする備え方について議論し、発表してもらいます。
  3. 3.そして、万が一リスクが発生してしまった時の経済的な損失に備えるための損害保険について、教材の後半に用意している資料編で調べたり生徒同士で話したりしながら、ワークを通して計15~20分程度で学習します。

それぞれの「やってみたいこと」は、夏休みなどの長期休暇前や卒業前、自動車の運転免許を取得できる年齢になったタイミングなど、それぞれの場面で活用できるものです。また、学校の授業においてもニュース等時事的な事柄とリンクしてリスクと損害保険を学ぶことができますし、自習用としてもお使いいただけます。さらに、授業後に生徒が学んだことを振り返ること、長期休暇の際に生徒に記入してもらうことを目的に「ワークシート」も「教員用手引書」内に用意しておりますので、こちらもぜひご活用ください。

入手方法

PDFダウンロード

コア教材(16.8MB)

教員用手引書(3.66MB)

Wordダウンロード

授業ワークシート

長期休暇向けワークシート

PowerPoint版教材

全体

保険の役割

社会保険と民間保険

友だちとドライブに行きたい!

憧れのひとり暮らしがしたい!

友だちと海外旅行に行きたい!

週末はサイクリングを楽しみたい!

ペットを飼いたい!

ボランティア活動をしたい!

高校生活を楽しみたい!

※情報を編集・改変する場合は、ご自身の責任で行ってください。

お電話・FAXでのお申し込み

コア教材、教員用手引書の送付をご希望される場合は下記までご連絡ください。

FAX申込用紙

※冊子代、送料とも無料で提供しております。
 申込時はコア教材と教員用手引書のそれぞれの希望部数をお知らせください。
 なお、コア教材は生徒の人数分、教員用手引書は最大3部までとさせていただきます。

TEL:048-485-2376  FAX:048-485-2302

※受付時間:平日(祝日・休日を除く)の10:00~18:00

お問い合わせ先

一般社団法人 日本損害保険協会 業務企画部 啓発・教育グループ

所在地
〒101-8335
東京都千代田区神田淡路町2-9
電話
03-3255-1215
※受付時間:平日9時〜17時(祝日・年末年始を除く)
FAX
03-3255-1236
メール
consumer@sonpo.or.jp

更新:2020.03.24(業務企画部 啓発・教育グループ)

サイト内検索