一般社団法人日本損害保険協会 Recruiting Site

エントリー

採用情報を知る

就活アドバイス

経営企画部 / 法務・リスク管理グループ 安藤 職員(2022年入社)

就活で一番大事なことは何ですか?

面接やOB訪問に対して、意味を考えながら臨むことです。面接は試験ではなく、お互いを知る機会として用意されています。今何を聞かれているのか、何故その質問をされたのか、自分は何を思ったのか、ありとあらゆることを考えながら会話をすることで、自分に一番合う場所に辿りつくと思います。

就活中、
工夫して
よかった点は何ですか?

色々な業界の情報を集めて、面接で会話をする際に活かしたことです。他の業界を調べてこそ、なぜその業界に入りたいのか説得力が増すと思います。また就活後も、他の業界に内定が決まった友人と話す話題の一つになるので、おすすめです。

損保協会に入社を決めた理由は何ですか?

金融への興味関心と、大学で学んだ行政機関への知識を活かせると考えたからです。実際に、省庁や損保各社、他団体等、様々な方々と仕事をする機会が多いです。また人生を振り返った際に、当たり前のことが当たり前に行われることは、実は凄いことだと気づきました。その当たり前の根幹の部分にあるものは何か考えた時に、インフラのインフラである損保をさらに支える協会に入社を決めました。

就活中のみなさんへ一言!

就活をしている時は少し苦しい時もありましたが、ここまで多くの業界、会社に所属している社会人の方と話せる機会はなかなか無く、自分が得るものばかりだと考えて取り組んでいました。その先に、自分に合う場所があれば良いなと、気楽に考えるのも一つの手だと思います。

業務企画部 / 啓発・教育グループ 坂田 職員(2022年入社)

就活で一番大事なことは何ですか?

ネガティブになりすぎないことです。思うように就職活動が進まないと落ち込んでしまったり、マイナス思考になってしまったりすることも多いと思います。しかし、それらの感情は表情などに出てしまうと思うので、身の回りの人に話を聞いてもらったり楽しみを作ったりして、適度に気分転換を行うといいと思います。

就活中、
工夫して
よかった点は何ですか?

友人や、部活の先輩・同期と一緒に面接練習や自己分析を行った点です。自分の強みや弱み、学チカを知り合いに話すのは恥ずかしさがあるかもしれませんが、自分では気づかなかったようなアドバイスをもらえることが多いのでおすすめです。また、その際に就職活動に関する様々な情報交換を行っていたのも良かったと思います。

損保協会に入社を決めた理由は何ですか?

目先の利益にとらわれることなく、社会に貢献できる点が自身の就職活動の軸に沿っていると思ったからです。また、中立的な立場から損保業界を支えられる点に魅力を感じたからです。さらに、面接等を通じて損保協会の雰囲気がとても好きになり、入社を決めました。

就活中のみなさんへ一言!

よく聞く言葉かもしれませんが、就活はチーム戦です。私自身、周りの人に何度も助けられ、何とか乗り越えることができました。そして、就職活動は初めて味わうような辛さもたくさんありましたが、その分とても成長できた期間だったと思っています。最後まであきらめずに自身の納得いく結果を掴み取ってください。応援しています。

業務企画部 / 自動車・海上グループ 渋澤 職員(2022年入社)

就活で一番大事なことは何ですか?

自己分析です。将来を真剣に考える機会は、なかなかなかったので、自分と向き合う良い機会になりました。自己分析する際は、過去の経験や自分自身の理想像を正直に見つめ直すことが大切だと思います。企業と自分のやりたいこととのミスマッチも防げるので、内定後の生活にも大きく影響すると考えています。

就活中、
工夫して
よかった点は何ですか?

志望業界を絞りすぎないことです。様々な業界を知ることで、就活の視野を広げられます。興味がない業界でも、積極的に説明会や先輩から話を聞くことで、新たな発見につながりました。就活において、知らなかったことが1番もったいないと思っているので、知らない世界を見に行く経験として、積極的に参加することがおすすめです。

損保協会に入社を決めた理由は何ですか?

損保業界のために、中立的な立場で目先の利益にとらわれずに働けると思い、志望しました。職員の中でも同じ思いを持つ人が多く、損保協会で働く人の雰囲気が魅力的だと思いました。今まで受けた面接の中でも、1番着飾らずに受け答えできた点からも、自分らしく働けると思い入社を決めました。

就活中のみなさんへ一言!

就活中は、適度な息抜きが重要です。辛いと感じることもありましたが、その度に家族や友人に話を聞いてもらっていました。終わってみると、あの時真剣に取り組んでいてよかった!と思える日が来ると思うので、将来への自己投資だと思って臨んでみてください。応援しています!

業務企画部 / 地震・火災・新種グループ 黒川 職員(2022年入社)

就活で一番大事なことは何ですか?

周りに流されすぎないことです。就職活動中は友人やSNS、インターネットを通して情報を得ることも多いと思いますが、それに影響を受けすぎると、自分の意志を見失ってしまいます。自分がやりたいこと、将来なりたい姿を明確にしたうえで就活イベントへの参加や企業選びをすると良いと思います。

就活中、
工夫して
よかった点は何ですか?

面接の際に自分の弱みや苦手を隠さないようにした点です。面接ではついつい自分を優秀に見せようとしてしまいますが、弱みや苦手をさらけ出した等身大の姿で臨むことによって、面接担当者に自分を理解してもらいやすくなると思います。

損保協会に入社を決めた理由は何ですか?

損保協会の事業内容を魅力的に感じたからです。中立な立場で行政・損害保険会社・消費者と関わり、業界全体や社会の発展のために働くことができるのは損保協会ならではだと思います。また、面接等でお会いした職員の方を通して、損保協会の雰囲気が自分に合っているように感じたのも入社を決めた理由の一つです。

就活中のみなさんへ一言!

就活は今までの自分を見つめ直し、将来像を思い描くことができる貴重な機会です。決して無理をせず、等身大の自分で臨めば必ず良い結果が出ると思います。大変なことも多いかとは思いますが、頑張ってください!

募集・教育企画部 / 企画・運営グループ 田中 職員(2022年入社)

就活で一番大事なことは何ですか?

「自分にも他人にも嘘をつかない」ことです。自分の気持ちに嘘をついたり、面接官に嘘をついたりして結果的に内定を手にしても、入社後に「こんなはずじゃなかった」と後悔する可能性が高いと思います。ありのままの自分を面接官に見てもらい、その自分を評価してくれる会社を選ぶことが大事だと思います。

就活中、
工夫して
よかった点は何ですか?

自己分析にしっかりと時間をかけたことです。これまでの人生で自分がどんな選択をしてきたか、その選択をした時はどのような心境だったかを深掘りしていくことで、社会人生活でどうしても譲れないことや大切にしたいことが分かり、面接でも自信を持って自分の考えを話せるようになりました。

損保協会に入社を決めた理由は何ですか?

損保業界の「相互扶助」の精神に共感し、その中でも損保協会では「真に世の中のためになる仕事」ができると考えたからです。目先の利益や成績に囚われることなく、業界全体を中立的かつ広い視野で見て働くことができる点に魅力を感じました。入社から数か月が経ちましたが、自分の選択が間違いではなかったと強く感じています。

就活中のみなさんへ一言!

自分と周りの人では、やりたいことも、価値観も、これまで歩んできた人生も全く違います。他人と比較し過ぎず、自分にとって納得のいく就活にしてください。また、就活の序盤は、損害保険業界に限らず様々な業界を調べて、視野を広げていくことをおすすめします。適度な息抜きも大事にしつつ頑張ってください!

エントリーはコチラ