一般社団法人日本損害保険協会 Recruiting Site

エントリー

採用情報を知る

就活アドバイス

業務企画部 / 地震・火災・新種グループ 菅原 職員(2019年入社)

就活で一番大事なことは何ですか?

自分と周りを比較しないことです。目標や強みは人それぞれなので、周囲を気にして焦ったり不安になったりするのではなく、自分の芯を持って取り組むことが大事だと思います。また、周囲の状況や他人の評価に一喜一憂しないよう心掛けることで、自分の将来像がより明確になるのではないかと思います。

就活を振り返って、
やっておけば
良かったと思うことは何ですか?

OB・OG訪問です。選考の段階で「自分はこの企業に合わない」と思った時、その企業で働く自分をイメージするために、事前に社員の方と会って話を聞くべきだったと感じました。様々な方から仕事の話を聞けるのは就活生の特権ですし、初対面の人と話すことは面接の練習にもなると思うので、積極的に利用すれば良かったと思います。

損保協会に入社を決めた理由は何ですか?

誰かを支える仕事に就きたいと考える中で、消費者の生活だけでなく、損保会社の事業を後押しできる損保協会固有の業務に魅力を感じたからです。また、損保協会は職員数が少ないので、若いうちから様々な業務に携われると思い、仕事を通して成長できる職場だと感じたことも決め手になりました。

就活中のみなさんへ一言!

就活は、自分と向き合い、様々な人や仕事に触れる貴重な機会です。上手くいかないことも含め、将来の自分を後押しする経験になると信じて、前向きに取り組むことが大事だと思います。適度に息抜きしながら、自分のペースで頑張ってください!

業務企画部 / 自動車・海上グループ 遠藤 職員(2019年入社)

就活で一番大事なことは何ですか?

積極的な姿勢だと思います。例えば、少しでも興味のある企業があれば、説明会やセミナーに行きましょう。加えて、ただ参加するだけでなく、気になることがあれば躊躇せず質問しましょう。そうして得た情報や経験は、面接に臨むとき、必ず役に立ちます。

就活を振り返って、
やっておけば
良かったと思うことは何ですか?

OB・OG訪問です。自分に合った企業を探すには、実際に働いている社員から、具体的な仕事内容や職場の雰囲気等を聞くのが1番だと思います。また、1対1もしくは少人数で、気軽に、気になることを聞けることも魅力だと思います。現役就活生の皆さんは、ぜひ活用すると良いと思います。

損保協会に入社を決めた理由は何ですか?

理由は2つあります。1つは、中立的な立場から損保業界を支え、広く国民のために働くことができるからです。人のために働き、人から感謝される仕事をしたいと思っていた私にぴったりの会社でした。もう1つは、社員の方が魅力的だったからです。就活イベントの際に、若手社員の方がとても楽しそうに仕事の話をしていて、「自分もこの人のように働きたい」と思ったからです。

就活中のみなさんへ一言!

他人の就活に惑わされず、自分の就活と向き合ってください。友人と情報交換することや、インターネットで情報を集めることは重要ですが、全ての情報を鵜呑みにして一喜一憂する必要はありません。必要な情報のみをピックアップして、自分の就活に役立てるようにしてください。自分を信じて、最後まで頑張ってください!

損害サービス企画部 / 自動車グループ 大山 職員(2019年入社)

就活で一番大事なことは何ですか?

視野を広く持つことだと思います。業界を絞ることも重要だとは思いますが、他の業界を見ずに早い時期から絞り込みをしてしまうのは、自分の可能性を狭めてしまうことになり、非常にもったいないです。志望業界や企業が決まっていたとしても、様々な会社の説明会や就活イベントに参加することで、納得のいく就職活動を行うことができると思います。

就活を振り返って、
やっておけば
良かったと思うことは何ですか?

OB訪問や座談会などで多くの社員の方から話を聞くことです。インターネットでの情報収集や説明会への参加だけでなく、実際に働いている方からお話を聞くことで、業務内容や企業の雰囲気など掴みやすいと思います。早い時期からこのような機会を持つことができると、自分が社会人として働いている姿がイメージしやすく、やりたいことも明確になると思います。

損保協会に入社を決めた理由は何ですか?

公共性の高い仕事ができることです。損保協会では会員会社や各省庁等の様々な人との関わりの中で、損害保険業界を支える仕事ができることに魅力を感じました。また、座談会や面接等を通して魅力的な職員の方が多いことを実感し、最終的には選考が進むにつれ損保協会の雰囲気などが自分に合っているとわかったため、入社を決めました。

就活中のみなさんへ一言!

周囲と比べて落ち込んだりすることが多くありましたが、自分は自分、他人は他人と割り切るのが良いと思います。精神的に不安になることも多くありますが、友達など周りの人と話をしたりするだけで気分が晴れると思います。就活は長期戦のため、心身ともに疲れが溜まると思いますが、適度に息抜きをしながら最後まで頑張ってください!

損害サービス企画部 / 地震・火災・新種グループ 中村 職員(2019年入社)

就活で一番大事なことは何ですか?

就活を楽しむことです。自分のやりたいことや、こうなりたいという将来像をその会社で叶えることができるのかに重点を置き自ら会社を選びましょう。会社から選ばれるのではなく、自分から選ぶ姿勢で就活をすれば、自ずと就活は楽しくなってくるはずです。

就活を振り返って、
やっておけば
良かったと思うことは何ですか?

広い視野を持ち、多くの企業に足を運ぶことです。就活中は様々な企業について知るチャンスです。社会人になってからそのような機会を得たいと思ってもなかなか難しいので、就活をしている間に多くの企業を訪問し、知見を広げることをお勧めします。

損保協会に入社を決めた理由は何ですか?

損保協会の事業内容に魅力を感じたためです。お客様のために何ができるのかを業界全体で考え、企画し、実現するといった業界全体に寄与する業務に携わることに魅力を感じ、損保協会に入社することを決めました。

就活中のみなさんへ一言!

就活中にやり残したことがあると、後に後悔してしまいます。社会人になってから自分の選択が正しかったと思えるよう、就活中は精一杯、考え行動し続けてください。皆さんの納得のいく就活ができるよう、心から願っています。

募集・教育企画部 / 企画・運営グループ 伊澤 職員(2019年入社)

就活で一番大事なことは何ですか?

「自分が何をしたいのか・何にやりがいを感じるのか」を明確にすることです。そのためには、自己分析が重要になると思います。「過去にどんな経験をしてきて、どんなことを思ったのか」を見つめ直すと、自分のやりたいことが見つかり、就活もスムーズに進むと思います。

就活を振り返って、
やっておけば
良かったと思うことは何ですか?

OB訪問です。OB訪問は、さまざまな業界に勤める方の「生」の声を聞ける貴重な機会だと思います。OB訪問ができるのは就活生の特権なので、その機会を活用し、興味がある会社の理解をもっと深めてください。

損保協会に入社を決めた理由は何ですか?

目先の利益にとらわれずに、幅広い分野から影響を与えられるからです。私は、人々の暮らしを支えられるような仕事に就きたいと考えていました。行政・損害保険会社・消費者の間に立って、社会全体の発展に貢献できる仕事に魅力を感じ、損保協会を選びました。

就活中のみなさんへ一言!

楽しんで就活を行ってください。自分自身を見つめ直せたこと、面接で上手くいかなかったこと、様々な業界を学べたこと、社会には様々な価値観を持った人がいると分かったこと。今、就活を振り返ると、本当に良い経験でした。辛いこともあると思いますが、自分にとって絶対にマイナスになることはないので、ポジティブに就活を行ってほしいと思います。

エントリーはコチラ