地震の揺れや仕組みを実験動画で学んでみよう!(防災・減災 WEBピクニック)

日本では、いつ、どこで地震が起きてもおかしくないと言われていますが、この「地震」はどのようなメカニズムで発生するのでしょうか?そして、どのような建物であれば地震の被害を軽減できるのでしょうか?

この動画では、地震の揺れや仕組みを「身近にあるモノ」を使って楽しみながら学ぶことができます。地震リスクについて学び、親子で防災・減災について理解を深めるきっかけにしてください。

  1. 1.小麦粉とココアの断層実験
    (用意するもの)小麦、ココア、透明ボックス、押さえるモノ、プラスチック板

  1. 2.プリンとようかんで地盤の揺れ実験
    (用意するもの)プリン、ようかん、紙皿(2枚)

  1. 3.プリンと色えんぴつで免震実験
    (用意するもの)丸い鉛筆(2本)、下敷き、画用紙、プリン、紙皿

  1. 4.プリンとお菓子で地盤と建物の揺れ実験
    (用意するもの)プリン、スプーン、きのこ型チョコレート菓子、たけのこ型チョコレート菓子

  1. 5.ボックスぶるるで揺れ実験
    (用意するもの)ボックスぶるる

  1. 6.おもり2つで共振実験
    (用意するもの)ナット(大2個、小1個)、たこ糸(2本)

  1. 7.まるばつ棒で強い建物の実験
    (用意するもの)まるばつ棒、ダブルクリップ

  1. 8.人間振動実験
    (用意するもの)キャスター付きの机または台

  1. 9.消しゴムと竹ひごで建物の揺れ実験
    (用意するもの)消しゴム(4個)、たけひご(φ1.8mm×360mm、4本)、輪ゴム(4本)

  1. 10.ストローとクリップで強い建物づくり
    (用意するもの)ストロー(φ8mm×21mm、21本)、ゼムクリップジャンボ(長さ33㎜、36本)

  1. 11.防災博士からのクイズ

  1. 12.終わりに(実験道具のダウンロードについて)

【監修・協力】
名古屋大学減災連携研究センター

【制作・編集】
(株)ナックプランニング

【著作権および免責事項】
※本コンテンツにおける動画・PDF等はどなたでも自由にご使用いただくことができますが、著作権等は当協会に帰属します。また、当協会関係者以外の第三者が本コンテンツをもとに実施した講演等の内容については、当協会は一切の責任を負いません。

※本コンテンツのご利用にかかる通信料等は、利用者のご負担となります。また、お使いのスマートフォン・タブレットPCの機種によっては、別途アプリケーションソフトが必要な場合があります。

お問い合わせ先

一般社団法人 日本損害保険協会 中部支部

電話
052-249-9760
FAX
052-249-9761
メール
nagoya@sonpo.or.jp

更新:2020.07.22(業務企画部 防災・安全グループ)

サイト内検索