防災教育支援ツールのご紹介

~防災に関する知識があれば行動でき、行動できれば避難できる~

 日本損害保険では、損害保険事業を通じて蓄積してきたノウハウを活かし、防災・防犯対策・交通安全対策等の活動を行っており、この一環として子どもたちの発達段階に応じた各種防災教育支援ツールを提供しています。

 近年では、ゲリラ豪雨や大雪など人命に関わるような災害が頻発しており、また首都直下地震や南海トラフ地震など大きな地震の発生も危惧されています。

 ぜひ、当協会の防災教育支援ツールをご活用ください。

学校段階別防災教育支援ツール

幼稚園・保育園~小学校低学年

カードゲーム ぼうさいダック

安全・安心の「最初の第一歩」を、子どもたちが、実際に身体を動かし、声を出して遊びながら学んでもらうためのカードゲームです。

小学校・中学校

安全教育プログラム ぼうさい探検隊

子どもたちが楽しみながらまちにある防災・防犯・交通安全に関する施設や設備などを見て回り、身の回りの安全・安心を考えながらマップにまとめて発表する、実践的な安全教育プログラムです。

中学校・高等学校

防災教育副教材

自然災害によるリスクやその備えについて、生徒自身が「ワークシート」に記入し、その内容について先生が「教師用手引き」を見ながら解説するというプログラムです。
*中学生向けと高校生向けがあります。

eラーニング 動画で学ぼう!ハザードマップ

地域の自然災害リスクを知り、備えや対策を行っていただくためのヒント・アドバイスとして、ハザードマップの活用方法等について音声付動画で学習し、その内容をクイズ形式で確認する内容になっています。

お問い合わせ先

一般社団法人 日本損害保険協会 業務企画部 啓発・教育グループ

所在地
〒101-8335
東京都千代田区神田淡路町2-9
電話
03-3255-1215
※受付時間:平日9時15分〜17時(祝日・年末年始を除く)
FAX
03-3255-1236
メール
consumer@sonpo.or.jp

更新:2018.03.09(業務企画部 啓発・教育グループ)

サイト内検索