沖縄県 令和2年の交差点事故状況

マップのトップへ

交通事故状況の推移と交通事故の割合

沖縄県の交通事故状況の推移
人身事故における交差点の割合
※データ出典:公益財団法人交通事故総合分析センターより

年代別事故状況

交差点事故における第1当事者および第2当事者の割合
 
65歳以上の歩行中、自転車乗車中の交通事故死者数の割合
※第1当事者とは、最初に交通事故に関与した車両等、運転者または歩行者のうち、当該交通事故における過失が重い者、また過失が同程度の場合には人身損傷程度が軽い者をいい、第2当事者は、第1当事者の相手方となった者をいいます。

令和2年のワースト交差点で発生した事故について(琉球新報社調べ)

令和2年は、ワースト交差点5箇所で、34件の事故が発生しています。
このうち、右折直進事故(14件)が特に多く発生しています。次いで多かったのが、追突事故(7件)となっています。
交通事故は、自動車だけでなく歩行者・自転車などの行動が原因となることもあります。 交差点を通行する全ての人が、周囲をよく確認しながら、万一の場合にも対応できる速度で無理せず通行するよう、常に心がけましょう。
地図上のアルファベットまたは交差点名をクリックすると詳細ページが表示されます。
※この「ワースト」という表現は、「事故件数の多い順」という意味で便宜的に並べるために付与したものです。
 各事故の状況や損害・被害の程度を加味した順位付けではありません。

地元警察本部の取組

1.警察として注力している交通安全対策
  • 下のQRコードを読み込んでいただくと、LINE「沖縄県警察交通部」へと移行しますので、是非、友だち登録をお願いします。

2.交通事故多発交差点の改善について
  • 安謝交差点
    交差点付近に「交差点注意」「追突注意」等の内容を掲示し、注意喚起を図りました。
  • 古島インター交差点
    交差点付近に「追突注意」「前方車両注意」等の内容を掲示し、注意喚起を図りました。令和2年11月に「交通事故多発交差点」として、取材を受けテレビ放映され広報啓発を図りました。
3.高齢者の交通事故防止・減少に向けた取組
  • 高齢者全般向け・交通安全教室
    警察署等において、高齢者向けの交通安全教室を開催(年161回、延べ3,216人参加)。
沖縄支部の取組

損保協会 沖縄支部の取組

「交差点での事故に注意」チラシの作成

チラシの画像・表

チラシの画像・裏

交差点事故注意チラシ(1.78MB)

沖縄支部の取組ここまで

サイト内検索