保険金不正請求通報制度

概要・目的

組織もしくは個人により行われた保険金不正請求行為の事実またはそのおそれが認められる事実の内容について通報する窓口を設置し、通報された情報について損害保険会社と共有することにより、わが国における損害保険事業の社会的信頼の維持および業務運営の公平性確保に資することを目的とする制度です。

登録又は交換データ項目

  • 事故に関する事項
    事故日、事故場所、事故内容、傷病名、届出警察、運転者情報、車両情報
  • 保険に関する事項
    保険会社名、担当拠点名、担当者名、対象保険種目
  • 行為者(個人に限らず、法人、団体等を含む)に関する事項
    氏名、法人名、団体名、住所、連絡先、生年月日、設立年月日、職業、保険契約者との関係
  • 不正請求の内容
    不正手口、不正請求金額
  • 保険金不正請求行為の事実またはそのおそれが認められる事実を基礎づける情報
  • 同各事実の内容を精査するために参考となる情報

共同利用者

  • 保険業法または損害保険料率算出団体に関する法律上の免許・認可のもと業務を行う法人
  • 根拠法に基づき共済事業を行う協同組合またはその連合会
  • 国家行政組織法に基づく国の行政組織

参考:現在の共同利用者

更新:2019.07.09(損害サービス企画部 自動車グループ)

サイト内検索