保険金請求歴情報交換制度

概要・目的

わが国における損害保険事業の社会的信頼の維持に資することを目的として、自動車保険、自賠責保険、傷害保険の人に係る保険等および携行品に係る保険等における不正請求を排除し、公平・公正な損害額算定および適正な保険金支払いを実現するため、下記共同利用者の間で保険事故の被害者(受傷者)に関する過去の保険金請求の有無等の情報を確認・共有する制度です。

共同して利用するデータ項目

取扱保険会社名、保険始期、保険種類、担保種目、加害者・被害者(受傷者)等関係当事者の氏名、保険事故の発生日、発生地、受付日、支払日、保険金支払処理の状況(未払い・既払い・免責不払いの別)、 調査事務所、保険契約者名、自動車の保有者名、自動車の登録番号・車台番号、加害者・被害者(受傷者)の年令、事故類型(正面衝突等)、被害者(受傷者)の状態(歩行中等)、保険金請求主体の区分(契約者による請求等)、案件の識別・特定のための内部的符号

共同利用者

  • 保険業法または損害保険料率算出団体に関する法律上の免許・認可のもと業務を行う法人
  • 根拠法に基づき共済事業を行う協同組合またはその連合会
  • 国家行政組織法に基づく国の行政組織

参考:現在の共同利用者

更新:2020.04.01(損害サービス企画部 自動車グループ)

サイト内検索