香川大学で初めてタブレットを使った防災まち歩きを実施!!

~大学生を対象に地域の防災教育の担い手づくりを推進~

 一般社団法人日本損害保険協会四国支部委員会(委員長:沼田 俊彦・あいおいニッセイ同和損害保険株式会社執行役員四国本部長)では、香川大学主催「防災ボランティア講座」の授業で当支部の菊池事務局長が講義を行った後、長谷川教授等による各種説明のうえ、今年度から実装された「ぼうさい探検隊のマップ作成アプリ」が搭載されたタブレットを初めて活用して一緒にまち歩きを行い、防災上の気づき等を発表してチーム間で共有しました。今後、本体験を活かして学生達が小学生と一緒にたんけん隊を実施する予定です。

■日 時
■場 所
■参加者
■内 容
  • 10:30~11:45 講義「子どもぼうさい探検隊を通じた防災教育活動」
  • 12:45~14:00 各種説明「ブラハセの要点と班編成説明」
    「オンラインブラハセの紹介」
  • 14:20~15:50 まち歩き
  • 16:00~16:30 マップ作り
  • 16:30~17:30 発表
  • 17:30~17:50 講評・事務連絡

 初めてのタブレットによるまち歩きでしたが、学生達はすぐに操作を理解しマスターしていました!
たんけん後の感想では「画質が綺麗で操作しやすい」「写真を撮るとコメントも付けることができて便利」等多数の意見が寄せられた一方、改善点の指摘もあり、適宜、機能追加していければと思います。

菊池事務局長による講義
説明を受けながら設定作業
写真を撮ると地図に自動記録

※当日の模様は、6月25日の日刊自動車新聞に掲載されました。

サイト内検索