アルコールの与える影響

「損害保険ってなんだろう?」「どんなときに損害保険は役に立つの?」などの疑問にお答えする各種活動を行っています。

アルコールの与える影響

アルコールの1単位=純アルコール20gを含む酒量

アルコールの種類

アルコール度

1単位にあたる量

ビール

5%

500ml

日本酒

15%

1合(180ml)

ウィスキー

43%

ダブル1杯(60ml)

ワイン

12%

小グラス2杯(200ml)

チューハイ

7%

350ml

焼酎

25%

コップ半分(100ml)

ここにあげたのは、純アルコール約20グラムを含む酒類です。これを「アルコールの1単位」と呼びます。焼酎やウィスキーなどアルコール濃度が高いものほど、量が少ないことがわかるでしょう。

アルコールの処理にかかる時間

1単位のアルコールを飲むと、体内での処理に飲み終わってからおよそ4時間かかります。
飲酒して8時間後に勤務したとします。2単位ならアルコールは検出されませんが、3単位だと……?
検出されることになります。
飲酒運転を防ぐためにも、健康のためにも、大事なのは、飲みすぎないこと。3単位以上飲むのはやめましょう。なお、アルコールの分解にかかる時間は、睡眠中は遅くなり、性別・年齢、体重・体質、体調等でも変わります。

更新:2016.09.07(業務企画部 防災・安全グループ)

サイト内検索