飲酒運転対策

酒気を帯びて運転してはならないことは、ご存知のとおりです。(道路交通法第65条第1項)飲酒運転に対する社会の厳しいまなざしやモラルの向上、および刑法・道路交通法の改正と厳罰化などによって、飲酒運転事故の件数は2000年度をピークに年々減少していますが、飲酒を原因とした悲惨な事故は、まだまだ後を絶ちません。

飲酒運転事故件数の推移

飲酒運転*2
事故件数
(A)

全事故件数*3
(B)

飲酒運転*4
事故率
(A/B)

飲酒運転事故
対前年度比

全事故
対前年度比

2008年

6,219

723,613

0.90%

-17.80%

-8.10%

2009年

5,726

698,129

0.80%

-7.90%

-3.50%

2010年

5,561

687,911

0.80%

-2.90%

-1.50%

2011年

5,030

655,967

0.80%

-9.50%

-4.60%

2012年

4,605

630,725

0.70%

-8.40%

-3.80%

2013年

4,334

596,658

0.70%

-5.90%

-5.40%

2014年

4,155

544,279

0.80%

-4.10%

-8.80%

2015年

3,864

510,050

0.80%

-7.00%

-6.30%

2016年

3,757

474,776

0.80%

-2.80%

-6.90%

2017年

3,582

447,089

0.80%

-4.70%

-5.80%

2018年

3,355

406,755

0.80%

-6.30%

-9.00%

出典:「飲酒運転事故件数」「全事故件数」は警察庁「平成29年における交通事故の発生状況」より。
その他は同データに基づき損保協会算出。
(注1)第1当事者:最初に交通事故に関与した車両等の運転者又は歩行者のうち、当該交通事故における過失が重い者をいい、また過失が同程度の場合には、人身損傷程度が軽い者。
(注2)飲酒運転事故件数:原付以上(第1当事者)による飲酒あり事故件数【酒酔い・酒気帯び・基準以下・検知不能までを含む】。
(注3)全事故件数:原付以上(第1当事者)の全事故件数。
(注4)飲酒運転事故率:原付以上(第1当事者)の全事故件数に占める原付以上(第1当事者)の飲酒運転事故率。

更新:2019.08.06(業務企画部 防災・安全グループ)

サイト内検索